二上山

2015年4月24日 (金)

二上山に

4月の22日、次回の総会時の朝のチョット登山に二上山を歩くことにしてるが、先日からちょこちょこ二上山を歩いてる。今日はその仕上げに予定ルートを歩いてみた。


その二日後に和歌山のショウタンさんが私の家にお土産を持ってきて下されて、そのあと私の近所のじゅんさんをお誘いして3人で二上山をどことなく歩いてきた。


2014年11月23日 (日)

秋の二上山

11月22日の奈良側からの二上山です。
20141122_1
大分色づいてきましたね。

2014年1月29日 (水)

二上山丁石道と雄岳中心尾根を登る。

1月の最終日曜日の26日、午前中は生憎の天気だったが12名の参加者で二上山駅や登山口の一つでのある上の池登山口に集合。
上の池登山口で初参加の3名の方々と朝の挨拶、簡単なルート説明と時間割等を聞いてじゅんさんリーダーでスタート。

14012602 地図は参加されたショウタンさんのブログからパクリです。


続きを読む "二上山丁石道と雄岳中心尾根を登る。" »

2013年12月15日 (日)

二上山の町石は

上山の町石は加守神社の横から雄岳に上がる「二上山道」は古くから知られてる道だが、最近ひょんなことから別の町石道を発見した。
これがその町石です。
二上山道の丁石と石の質も違っていた。

Dsc04809

石は2・3・4の三石で短い距離
であとは二上山道にジョイントしてる。ただスタートから一丁石が見つからなかったのは残念だった。15日の日曜日にこの道を整備して歩けるようにした。次回の山行A会にして仲間に歩いてもらおうと思う。

2013年11月28日 (木)

二上山の紅葉は

二上山の紅葉は
良い感じです。皆さんお越し下さい。
(画像は東側から雄岳を望む)

Dsc04685

2013年11月14日 (木)

三峰山・紅葉。二上山・丁石。干し柿。

11月9日(土),
会の山行Aで三重県飯高からのコースを三峰山から平倉峰まで歩いてきました。
尾根の紅葉は綺麗でした。同行者はなおさん・コマちゃん・香芝のおじさん・河内のTさん・じゅんさん・この山行会のリーダーのSHOさんに私の七人でした。Dsc04503

20131109 
次の週の13日(水)は先週水曜日の二上山探索の続きに行ってきました。
同行下されたじゅんさんの幼いときの記憶でとうとう今は歩くことの無い登山口を見つけ、すぐに二丁石(町石)まで見つけました。誰も歩かないし開発もされてない地域だから綺麗に丁石が現存してました。2/3/4の丁石が見つかり、二上山道にジョイントしてる箇所も見つかりほぼこの古道探索は解決しました。

Dsc04552 
その後は二上山のあちこちを探索して早々に帰りました。

3年ぶりに干し柿作りました。こんなことをしてると、ここ三年間で以前の生活がボチボチ帰ってるのを実感してます。

Dsc04577

2013年11月 8日 (金)

二上山探索で丁石発見!

上山の思いもかけないところで丁石発見!! 通常神社から雄岳に上がるルートの丁石は上の絵、今回発見した丁石は下の絵。形態も石の質も違う。
古道発見か?続けて3丁・4丁石と二つ続けて発見した。

Dsc03126

Dsc04462

続きを読む "二上山探索で丁石発見!" »

2013年1月 3日 (木)

初山は二上山近辺

今年の初登山は二上山。
1月2日の初
歩きは地元の二上山、ミヨコの池から散策に出かけました。
低山8.3Km 4時間50分の山中でした。

20130102_2bmp

Dsc02675

続きを読む "初山は二上山近辺" »

2012年6月26日 (火)

剛友会例会に二上山外周。

6月24日(日)は、剛友会の例会に出席した。参加者は37名になった。
二上山のほぼ外周をグルッと回るルート取りだ。
朝9時半に二上山駅に集合だったので、前日和歌山のショウタンさんと電話で
話してて、最後に「明日どこへ行く?」「例会で二上山ですねん」「ワシ行ってもいいか?」喜んで「来てください!、ショウタンにしたらだるいで」「かまわん外周見てみたい」という事で当麻の道の駅に9時に待ち合わせた。
あとはショウタンさんの山行き報告をここに貼り付けときます。手抜きですいません。
http://www.syotann.com/futagamiyama1206.html


Dsc01710


2012年5月 4日 (金)

二上山外周。

今日はかねてからG会のAさんとお約束していたG会例会・二上山ハイキングの下見の日だ。二上山駅で待ち合わせ。ここからミヨコの池の横を通り関電道を歩く。Dsc01517
関電道の展望のいい箇所で小休止を2度ほど。フラットな道に出てベンチが設置してある展望箇所に上り詰める。この手前でG会の大先輩・O様ご夫妻とばったり。私は初対面だからご挨拶すると「ブログ拝見してます、N様から話はお聞きしてます」と、言っていただいた。事故の件もご存じで「回復されて・・・・・」等の会話。展望箇所では風がきつくすぐに馬の背に降りて雌岳の東屋に移動。馬の背の売店前で「お元気ですか!」とお声をかけていただいたり、今日は登山客が多いようだ。東屋で昼食。少し休憩して岩屋峠方面にAさんと二人で降りる。祐泉寺方面に降りる予定だったが原缶じゃなかった原岳方面に行くことにした。旧ダイトレから原岳に。山口神社方面をパスして直進、クリーンセンター方面に降りる。三角点の手前を左折、麻呂子山に登る。山頂を直進して急坂を降りる。足元が危ない。分岐地点に降り立ち、クリーンセンターの方に降りてアスファルト道に出た。ここから集落に入り豆腐やさんの前から点検のため再度墓地を通り麻呂子山方面に上がった。やっぱり猪の防護柵が張ってあり昨年今頃と同じ状態だった。通れないことを確認して當麻寺の門まで降りてここでAさんとお別れした。私は集落を通り朝の出発地点にいろいろ見物しながら帰った。帰りの道でこんな石標や神社 を発見。いつもぼんやり車で走っていたら目につくことが無かったが・・・・・今日は風もあって汗が出てもいい感じで歩けた。

Dsc01509Dsc01513Dsc01516
お疲れ様でした。