« レスキュー講習会 | トップページ | 大峰・五番関から西の覗きピストン »

2014年10月 4日 (土)

吉野、蜻蛉の滝~青根ヶ峰~白倉山の周回。

9月28日(日)快晴、あきつのスポーツ公園08:10~青根ヶ峰10:40~青根ヶ峰10:55~鉄塔昼食11:30~12:07~王峠13:45~白倉山14:58~15:15-もくもく館P16:29
総時間8時間19分休憩含む 。(参加者はショウタン・SAITO・SHO・じゅん・まちゃみ・RIKO・紬・M田・華・JJの9人)
画像や資料は同行者の方々からいただきました。

20140928_tizu2

川上村のあきつのスポーツ公園から蜻蛉の滝(せいれいの滝)を見て、

Dsc06717
音無し川沿いをハイキングで青根ヶ峰に登り、下山は吉野古道を三角点大谷の有る昭文社仏ヶ峰から王峠、仏ヶ峰、白倉山と歩き、下山を土倉庄三郎氏の作った五社峠越えの土倉牛車道をくねくねと下った。蜻蛉の滝を眺め、さらに道標に沿って登ると林道につきあがる。

Dsc06723
一歩きで道は古道になりその雰囲気がいい植林内を登る。青根ヶ峰まで道標の整備がよい。途中にリーダーが配布してくれた地図を元に読図をしたり現在地を当てていただいたり少し勉強しながら進む。

Dsc06733
一汗流す傾斜もありで斜面のトラバース道になる。 植林を抜けるとススキが足元を隠す所となるが見晴らしがいい。青根ヶ峰までは道標が誘導する。 林道に突き上げ少し登れば、アスファルト道下の階段は、青根ヶ峰への上り口だ.。

Dsc06751
青根ヶ峰には三等三角点 西川が鎮座する。山頂で小休止で記念撮影を楽しんだ。山頂から吉野側に下り周回して、往路に入り途中から白倉山方面に林道を下る。吉野側に下りきった所に古い女人結界の石柱と、せいれいの滝、大峰山と彫られた地蔵がある。
西側の景色を楽しみ、青根ヶ峰を周回する。アスファルト林道を下って往路から吉野古道にと入る。

Dsc06756
今は取り付きは林道になり古道の雰囲気は無い。標識が整備され西河に下るには間違いは無いだろうが途中の三角点、喜佐谷や三等三角点、大谷は尾根上に有り、古道は巻き道だ。先の鉄塔下で昼食を楽しんみ山座同定をする。 

Dsc06763
三角点大谷下に蜻蛉の滝への下り分岐があり道標に従い道なりに下ろう。少し痛みがある古道だがルートは分かりよい。 五社峠と西河の分岐に地蔵がありここから100m強で王峠に登り返す。王峠には地蔵跡との道標もあり、白倉山に向かう。

Dsc06780
一登りで本居宣長の菅笠日記に出る仏ヶ峰山頂だ。踏み跡はしっかりとあるが、小さくアップダウンはなかなか苦しいルートだ。最後の道標で一休み、鹿塩神社まで下る。

Dsc06785_2
社殿は20mほど上の斜面にある。社殿横から踏み跡をたどって尾根に出るが、これが急傾斜、さらに後少しで更なる急傾斜にと汗を流す。登りきれば、四等三角点五社横に山頂道表が出るが展望台はその先だ。 

Dsc06794
峰方向から白屋岳、白鬚の山々が美しい 。下山は急傾斜を慎重に下る。五社峠に下り、土倉道をクネクネト下るが、ゴロ石や雑木が生えこみやや痛みが激しい。

Dsc06799
この歴史の道も、世界遺産同様に整備していただけないものか。傾斜を緩くするためにクネクネが距離を伸ばす。やはり一度は歩きたい土倉道だ。西河に出て、もくもく館前で集合して解散した。

« レスキュー講習会 | トップページ | 大峰・五番関から西の覗きピストン »

三山以外の山登り」カテゴリの記事