« タチクラ尾から奥駈道~清名ノ尾を309号線に。 | トップページ | 神童子谷・初心者向き沢遡行。 »

2014年7月25日 (金)

4年ぶりの弥山川遡行

昨年、9月に思い切って双門の滝壺に降りてみたが、そこに行くにもいつもと違うルートで行った。今回(7月20日)は通常弥山川遡行ルートを歩いた。熊戸から白川八丁に入っていく一般ルートで歩いた。炉端山友会の山行会で10名の参加であった。メンバーはリーダーのLeo さん、サブリーダーのもんちゃんにショウタンさん・コマちゃん・清さん・M田さんに私の男性陣とじゅんさん・SAITOさん・紬さんの女性陣の顔ぶれ。
一の滝~双門の見えるテラス~巖双門~ザンギ平の肩で昼食。

Dsc06360
ここからLeoさん・もんちゃん・ショウタンさんの3人が滝壺へのルート探索に出かける。残り私たちの7名が頼りない私のリードで狼平らまで行き、なべの耳で滝壺行きのメンバーと落ち合うことに。
川原小屋跡辺りから上部は相当荒れていた。渡渉の位置も記憶がなくなって随分皆に助けられた。梯子、回廊を渡り狼小屋に到着、時間も迫ってるので即Uターンでなべの耳に向かう。高崎横手を通り過ぎ、チョウセン岳を巻いてようやくなべの耳に到着。滝壺組と無線連絡で合流。熊戸に向かって降りる。熊戸には8時過ぎの到着だった。4年ぶりの弥山川遡行はしんどかった。

« タチクラ尾から奥駈道~清名ノ尾を309号線に。 | トップページ | 神童子谷・初心者向き沢遡行。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事