« 麦谷・キビタイラからタイキョウイケ(大鏡池)の尾根、薊岳、明神平 | トップページ | しばらく休んでますが、 »

2014年5月 5日 (月)

5月3日、金剛山標高1000Mの道

その昔、先輩のBeさんや権さん、ヨッピーさん、まっくんらに案内してもらった水分道・坊領道がその1000Mの道だ。あのころは足跡もなかったな~。距離は約8Km位。今日はSHOさんのリーダーで炉端山友会の山行会だ。
参加者はリーダーのSHOさんはじめごくうさん、河内のTさん、コマちゃん、今日入会された清ちゃん、紬さん、ゲストのAさんに私の8人だった。
今日の足跡は約18Km。標高差1000M弱。
千早赤坂・道の駅のPに8時に集合。8時10分頃出発。

359

出発して周りの田にレンゲがきれいに咲いていた。

Dsc06028
集落を抜けて上赤坂城跡の登山口から坊領道に入る。

03s20140503_0002_2
そろばん橋などを通り過ぎると赤坂城跡に上がってみた。今日は見晴らしが悪かった。小休止して坊領山に向かう。何度か歩いているが坊領山には登ったことが無いので今日は登ろうと考えていた。猫路城跡等を通り坊領山に上がった。

Dsc06031
見晴らしは無い。少し休んで下山、元の道に帰り山頂を目指す。青崩道にジョイントする前は急坂が続く。青崩道に出て少し下ってセトに到着。山頂にはあとわずか。
その山頂に到着は12時調度ぐらい。今日は錬成会の桜祭りの日だ。登山者でいっぱい!まずそのお手伝いしてる”まっくん”に挨拶と食事。

28s20140503_0020
12時45分に下山の集合場所に行き、山頂(神体の山)の脇にあるカタクリを見に行く。

31s20140503_0023
1時過ぎに山頂を出発、下山にかかる。もと来た道青崩道のセトを超えて水分道の分岐を左に入りすぐ右に下る。少し降りて本来の水分道にジョイント。
一路下りを行く。昨年末に丁石を我会で立て直してからここを歩いていない。
その丁石はすっくと立っていた。それにしても現存する水分道は丁石は少なすぎる。残念です。

Dsc06037
やがて林道に降り、集落を歩き朝の集合場所に降り立った。
皆さんお疲れ様でした。又ご一緒ください。画像は参加者のお方から頂戴しました。



« 麦谷・キビタイラからタイキョウイケ(大鏡池)の尾根、薊岳、明神平 | トップページ | しばらく休んでますが、 »

金剛山」カテゴリの記事