« 矢田丘陵ウォーキング | トップページ | 超久しぶりの百々川へ »

2014年3月26日 (水)

大又・麦谷集落から地理院の墨破線を地蔵超に。

3月の連休の中日の22日土曜日に
麦谷集落から国土地理院にある地蔵越ルートを歩いてきましたが、思うように進めませんでした。後半になって 大岩が出始め、谷にかかるところ箇所では何度も巻きながら進みました。そんな結構時間を喰いました。残り5~600Mでは完全に谷の源頭部が山抜けしてい て渡れませんでした。そこから巻いていけば結局大回りになるので、すぐ上にある林道に出ました。地蔵越え、ジョウブツ山を見て下山しました。(画像は林道が交差する地蔵 越手前の青空と白い世界)


Gps

Dsc05596

前回行ったところの尾根下に国土地理院の墨破線が麦谷集落から地蔵越えに走ってるのが気になっていた。
今日はそのルートを歩いてみた。前回の入り口の少し上の今は住まわれてない民家をスタートとして、その墨破線を辿っていった。

Dsc05560_2
少し上がってみると、墨破線道を利用してる幅広の作業道が、それに沿って上がる。

Dsc05561
やがてその幅広もだんだん荒れて狭くなったり,小谷を渡ったりするが順調に破線通り進んでる。

Dsc05566
歩き始めて1時間半近くになったが少しの山抜け等で歩きにくい個所があったが順調にここまでやってきた。この地蔵越えのルートの証拠に?道横に石で組まれた石垣がところどころに見られた。

Dsc05570_4
緩やかに登っていくとルートに」突然大岩が現れた。

Dsc05576
その先周りを見るとこんな大きな石がところどころに見える。
地図上ではこの先谷を渡るようになってるが心配。案の定荒れていて道が寸断。
この石垣の先は谷に入れず。少し巻いて谷を渡る。

Dsc05584
足元が凍る谷を渡り、倒木を跨ぎ

Dsc05581
この先少しルート上に戻るが

Dsc05585
後は荒れ放題。倒木の中をルートを踏み離さないように進んでみるがまたしても大岩がごろごろの域に入る。

Dsc05589
完全にルートが消えてしまった。とりあえず大岩手前の上部を巻く。いくらかルート?に戻ったかと思われたところ、

Dsc05591
その先の谷を渡る個所は上から山抜け。

Dsc05592
深くこの場所にいるだけで上から土が落ちてきていた。大きく左に巻いてルートに戻ろうとも考えたが、その時間その距離で上の林道に上がれる位置にいたので林道を目指した。この尾根は緩やかで歩きやすく林道に出た。

Dsc05593
林道を地蔵越えに向かって歩いて、地蔵越えで昼食とした。お天気が良く照れば眩しい。樹氷の先が針みたいにとがってる。地蔵さんに今日ここまで来れたことを御礼申し上げ

Dsc05596_2
Dsc05598


Dsc05603
ジョウブツ山に向かうべき林道を歩いた。昨日の雪で歩きにくくなっていた。

Dsc05607
たまにズバット膝ぐらいまで入ってしまったりしながら電波塔の下まで来た。
ショートカットして山頂に。大木の向こうが山頂。

Dsc05610
Dsc05613
Dsc05612
下山の時間も考えないといけないので即々と下山にかかる。
下山は前回登ったルートを降りた。
8時出発の5時10分前着だった。夏だったらもう少しルートが解りやすかったかな?同行下されたじゅんさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。










« 矢田丘陵ウォーキング | トップページ | 超久しぶりの百々川へ »

三山以外の山登り」カテゴリの記事