« 山葵谷・シェークスピア氷瀑見学ツァー。 | トップページ | ワカントレ?で高見山の林道。 »

2014年2月10日 (月)

明神平の前山へヨコグラ谷東尾根から登る。

日曜日の2月9日(曇)。
今まで登った薊~前山間に到達すべき尾根に登り付く支尾根を何本か登ってみたが最後になるであろうヨコグラ谷の東側の尾根をショウタンさん、じゅんさんと三人をお誘いして登って来た。画像は尾根の真ん中に立ちはだかった大岩。

Dsc05269
1402091

前日の雪予報でわくわくしながら朝を迎えた。じゅんさん宅に迎えに行きショウタンさんと待ち合わせの吉野・宮滝の 梅谷醸造元 の駐車場に向かった。梅谷さんには前日にお電話を差し上げ駐車の件は了解していただいた。
役場を通り過ぎ駐車場に着いたが既に沢山の車が駐車していた。前日から止まっていたであろう車も何台かあった。
そこでアイゼンを装着して林道を歩き始めるが幾らか暖かい雰囲気だ。

14020914020900021_3
でも途中の岩からの氷柱は結構付いていた。

Dsc05260
今日の登りたい尾根の下に着いた。右側の谷がヨコグラ谷と知ったのは下山したとき雪で覆われたこの案内板を見たときだった。

14020914020900481
尾根の取り付きは全体的に岩で覆われてる感じだが右端から取り付いた。
雪がなければ倒木でかえって登りにくいであろう場所だったが、取りあえず尾根に向かって斜めに上がってみた。急坂だ。アイゼンを案外堅くなってる雪に突き刺し上がって行く。


14020914020900073
どうにか全員尾根に取り付いて尾根を上がって行く。今まで登った尾根とよく似た感じで私にとっては急坂だ。一歩々雪に足を蹴り込み進んでいくといきなり大きな岩に突き当たった。雪で覆われてなかったら簡単にクリァーできそうだが
足元がわるかった。


14020914020900121
周りを見渡し登りやすいところ探しだし、一回目にチャレンジ、上は岩が凍り付いて失敗。その先を見つけ出し2回に分けて登り切る。


14020914020900152
ここで三人が登り切るのに下に着いてから先の尾根に上がるまで1時間を費やしてしまったが、想定してなかった大岩であったがショウタンさんのザイルをもってきていただいたのでギャー類は不足していたが当会での岩講習で習ったことがここでも生きた。(下の画像は足場の悪かったところを慎重に上を目指すじゅんさんと下で確保するショウタンさん。)


Dsc05270
Dsc05272
どうにかして岩をクリァーして尾根に登る。あとは岩が出てこないことを祈り上に登って行く。ショウタンさんがワカンを装着して先導してくれる。
西からの風が幾らか強くなってきて尾根に上がりきる少し前だと感じる。傾斜が緩くなって尾根が近い。尾根に上がって


14020914020900221
前山を目指す。
前山の手前で風の当たらないところで20分ほどの間に昼食を済ませる。
手前の坂を登り切り前山に着いたが下の明神平は見通しが悪かった。


14020914020900281
もう既に誰の姿も見れなかった。前回と違って今日は皆さん遊ばれた感じだ。
私達もそくさくと下山した。
渡渉を重ね


14020914020900351
朝の鉄板橋のところヨコグラ谷に降り立った。後は駐車地に。5時調度の到着で既に車は私達の車ともう一台だけ残っていた。
宮滝の駐車地まで行きここでお土産のお醤油をいただいてショウタンさんとお別れした。お疲れ様でした。
(地図や画像はショウタンさんからいただきました)

« 山葵谷・シェークスピア氷瀑見学ツァー。 | トップページ | ワカントレ?で高見山の林道。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事