« 湯ノ又~中尾~明星ヶ岳~レンゲ道~トップリ尾周回オフ会 | トップページ | 和歌山の龍門山・キイシモツケを。 »

2013年5月23日 (木)

行者還岳の花は少し早かったようです。

先週の日曜日お天気が悪かったので22日水曜日に行者還岳に石楠花・シロヤシオを見に行ってきましたが・・・・・花は少し早かったようです。

201305221
Dsc03742

大峰方面に行くにはのんびりした朝だった。じゅんさんを先に迎えに行き二上の道の駅にSHOさんを迎えに行ったのが7時過ぎだった。まずは黒滝の道の駅で小休止、すぐ大川口に向かう。用意をして吊り橋を渡ったが私の忘れ物でスタートしたのが920分頃になった。橋を渡り急坂の尾根旧関電道をジグザグに登る。
鉄塔跡で
座同定、お天気良いのでよく見渡せる。鉄山・弥山が目の前に、元気な頃歩いた弥山に直登のモノレール尾根や横の聖宝の谷の砂防施設もはっきり見える。

Dsc03714_2
風も心地よく吹いてくれてる。しばらく周りを楽しみまた行者還
岳を目指す。
まだまだ上り坂が続くやはり周りの開ける鉄塔跡で景色が良いのでまたまた周りの山々を眺めて楽しむ。上に目をやると特徴のある行者還岳がそびえる。

Dsc03712
心地良い汗、心地良い風があって歩く。やがて尾根を右側に逃げて谷の源頭部を何度が横切るが崩
土と倒木で歩きにくい。用心しながら渡るように進んでいく。

Dsc03716
Dsc03730
やがて歩きやすい道に変わり少しずつ高度を上げていく
と石楠花の花が咲いていた。
Dsc03731
関電道
の危なっかしい道を歩き、稜線を目指すと

Dsc03735
新緑の木々の間から
上に明るさが見えてきた。天川辻、鉄塔跡に近づいてきたのが判る。上に上がってきたら風も無くなってきて、日当たりの良い所を歩くと暑さを感じる。そんな中どうにか奥駆道に。鉄塔跡で昼飯にした。陰で少しの風で心地良い。食事後小屋を横に見て、行場の前を通り

Dsc03738

山頂に行くための梯子などを登って行くと、若い外人さんが弥山に向かって降りてきた。さすが世界遺産の中を歩いてるのだな~と感じる。よく見るな~外人さん。山頂に
到達。でも、石楠花・シロヤシオは少し早かったようだ。まだ寂しい感じ。

Dsc03746

少し山頂
からの眺めを楽しみ下山する。道の横にあるパイプから出てる水を頂戴して天川辻まで降りる。今日はここから小坪谷に入る。急坂をジグザグに下りガレ場や谷の源頭部を横切りながら降っていくが

Dsc03752

だんだん斜面にある道が細くなる。3年ぶりだがもう少し足元がよかった。
以前初めてここを上がったときの感じで不明瞭になりつつあった。最近はあまり人が歩いてないのだろうか?。所々ある崩土箇所は先の方のテープが無かったら判りにくいと感じる。そんな感じの中足元にこんなん見つけました。

Dsc03756

途中のピーク
から右の谷に降りて後は谷を小坪谷まで降るのみだ。足元の悪い涸沢を下に向かって小坪谷の手前を右に上がる。ようやく普通の山道だ。
川に沿って吊り橋を渡り国道309号線に。

Dsc03766
普段歩かない国道を大
口まで歩いてみると横を流れる川の美しさや木々が新鮮だ。今日は山中でも新緑の美しさに気持ちいい山歩きをさせていただいた。同行くだされたSHOさん、じゅんさん、ありがとうございました。


  

« 湯ノ又~中尾~明星ヶ岳~レンゲ道~トップリ尾周回オフ会 | トップページ | 和歌山の龍門山・キイシモツケを。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事