« 近鉄生駒線・竜田川駅から奥の院~信貴山~恩智駅に。 | トップページ | 行者還岳の花は少し早かったようです。 »

2013年5月14日 (火)

湯ノ又~中尾~明星ヶ岳~レンゲ道~トップリ尾周回オフ会

5月12日の日曜日、快晴、炉端の会のオフ会、8人で歩いてきました。
湯ノ又~中尾~明星ヶ岳~レンゲ道~トップリ尾~枝尾根の周回オフ会でした。

20130512
20130512_2
 

昨年の5月の終わり頃に3人で下見に行ってきたが、湯ノ又までの林道がの為オフ会は中止にした。その時は湯ノ又まで歩いてこのルートを一周した。今回役所に問い合わ せましたがまだ湯ノ又までは行くことが出来ませんが途中まで行けるとのお答えを頂き行ってみた。

Dsc03673
参加者は今回のリーダーもんさん・河内のトライアス リートさん・こごせ☆さん・SHOさん・LEOさん・じゅんさん
・と私の7人と今回会に入会されたEさんです。皆さん健脚・お達者揃いで今回も皆さんにご迷惑をおかけしてしまい、毎回甘えていますが何時までも甘えてばかりではいけないな~と痛感した今回の山歩きでした。

P1020178
登りの
初めのガレ場過ぎから 随分久しぶるに膝の痛みを感じました。弱ってるな~」と感じた一日でした。

湯ノ又を8時10分頃出発、

Dsc03674
中尾を登っていく。
079Pまでどうにか歩き先に歩いて休憩してるみんなに追いつく。

Dsc03675
まだ3分の1なのに先が思いやられる。何度か急
坂があるが歩きやすくなった尾根筋を1325Pに、カラハッソウや七面山、今日歩くトップリ尾根を見る。

P1020167
お天気が良く周りがよく見えて七面山の中腹にツツジが一点に咲いてるのが目に付く。この先から足場の悪くなる尾根をUP/DNを繰り返し急坂を登りながら1383Pに着く。

Dsc03681
ここからガレ場、ブッシュ、少しだが岩場、
倒木地帯を歩いて奥駆道を横切り明星ヶ岳に。

Dsc03687
途中単独の若いお方が降りてこられた。道を空
けると「お気をつけて」って、この年寄りを労ってくれる優しいお言葉が嬉し。相当疲れてる顔をしていたと思う。
1時になったのでその途中の倒木地帯の真ん中広場で昼食にした。その後明星ヶ岳で今回の記念撮影。

46_2
道まで降りて弥山辻からレンゲ道を高崎横手方面のルートに向かう。
細尾山、ニセ日裏山を過ぎてトップリ尾根
筋に入る。降りかけていきなりの倒木地帯、多少UP箇所もあるがトップリ平まで下っていく。一年ぶりのトップリ平だ。

Dsc03699
昨年より2週間ほど早いので緑が少なく感じる。周りの山々を眺め小休止。のんびり過ごす。後は下山のみ。先行の方々にやっぱり遅れだして、途中右に折れる細尾根を間違いかける。

Dsc03702
すぐに修正できみんなの後を追う。無線で
連絡しあうので安心。膝が痛いが自分だましだまし歩く。湯ノ又に降りる尾根の分岐でみんなが待っていてくれた。最後の尾根道にかかる。初めは尾根が広くて歩きにくいがだんだん細尾根になってくるので安心して尾根道を歩く。今日歩いたところを思い出しながら降る。

P1020179
3分の2ほど歩いたところで右折れする地点で先行グループが待っていてくれた。あと少しと自分に言い聞かせ林道近くまで降りてきたら無線が入る。前回右方面にルートを取り林道に降り立ったが、大分荒れていてルートは左に逃げた方がいいよと教えてもらう。
降り立ったところは多分和歌山のAチームが降り
た地点の様だ。風景に覚えがあるように思えた。後は林道を降りて湯ノ又まで帰るのみ。「ほっ!」とする。
皆様、お疲れ様でした。もっとモット足を鍛えなければと痛感した今日の山歩きでした。

« 近鉄生駒線・竜田川駅から奥の院~信貴山~恩智駅に。 | トップページ | 行者還岳の花は少し早かったようです。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事