« 満足の高見山 | トップページ | 薊岳?明神平 »

2013年2月24日 (日)

金剛山・丸滝谷・サネ尾根・もみじ谷

石筆橋~丸滝谷石ブテ尾根~山頂~サネ尾根~もみじ谷~ダイトレ~水越峠~石筆橋()を歩いてきました。

Dsc03201

炉端のオフ会ではありませんがLEOさんの指導で雪の丸滝谷からいつもの
ルートではなく1月20日に私が
石ブテ尾根道から丸滝谷に降りたルートの逆
と先日G会の例会でサネ尾根からもみじ谷方面に降りている道はどこに通じて
いるのかとの質問に答える
ため、この2つを組み立てて有志で歩いてきた。

Dsc03192
参加者は、こごせさん・LEOさん・法香さん・じゅんさん
  こごせさん・LEOさん
・法香さんのお友達のすみこさんに私の6人でした。

集合場所の石筆橋から林道を大堰堤まで登り、鉄板橋を渡って丸滝に向かう。
読図する為
結構時間をかけながら進んで行く。真冬のため周りがよく見えて
現在地も特定しやすい。
いつもなら見えない脇から流れてる小谷の滝も確認
出来る。先日歩いた時にあった倒木も処理されていて歩きやすい状態だった。

Dsc03189

今日目指すは、上の丸滝向かい側から石ブテ尾根道に登ることだ。まだ
記憶に新しいので私が先頭を切って進んだ。下った時は今日ぐらいの雪の状態
だったが、登るのには雪の重みで抑えられた木や笹が
登って行くには多いに
邪魔になる。

Dsc03197
傾斜もきつく下りた時は時々3M位滑り落ちもしたものだった。
四苦八苦しながらどうにか尾根道まで上がってきた。

Dsc03201_2
カメラも落ち着いてから

映すので迫力ないな~。雪がなかったらもっと楽に登れただろうな。じゅんさん
は家の用事でここから下山されて、残りの5人で山頂を目指した。
いっぺんに疲れが出て足が前に出ない。どうにか山頂の売店に入り食事した。
下山はもみじ谷の東端からサネ尾根に入り
尾根道を下る。

Dsc03209
途中にもみじ谷方面
に降りるルートをとる。Z状の道を
行くが記憶では少し違っていた。もう4年ぶり
になるな~。谷に降り立った所は記憶道理だった。後はこのまま谷を下って行く。
ガンドコバまで降り水越峠、朝の石筆橋に全員無事下山できました。
皆さんお疲れ様でした。











« 満足の高見山 | トップページ | 薊岳?明神平 »

金剛山」カテゴリの記事