« 河内長野市と千早赤坂の境界尾根に | トップページ | 三峰山へ »

2013年1月 7日 (月)

イワゴの谷遡行。

11月にもイワゴの谷を歩いたが、今回1月6日は炉端のオフ会だった。
もんさんをリーダーにレオさんのフォローなどでKAZEさん、SHOさん、じゅんさん、法香さんに私の7人だった。

Dsc02780

天彦神社のPに9時に集合、菩提寺に抜ける昨年地元の方が整備してくださった尾根道を下り谷を越えて

1_large_2
菩提寺にお参り。

P1060106
9時半過ぎ
高区配水の横から堰堤を右に見て古くからある堰堤に突き当たる。右から超えてすぐの右側のいつも水の無いに等しい滝を見上げて進む。

Dsc02774
次の堰堤は右から上がる組と左から這い上がる組に分かれはじめての大滝に突き当たる。ここで記念撮影。

Dsc02780_2
ここで下が
凍っていて滑って尻もちをついた。すぐに激登りで又谷に入る。地元の人に聞いた話だがこの滝は「みそぎの滝」と言ったそうだが又初めの滝を「一の滝」2番目の大滝を「二の滝」とも呼んだそうだ。今は名を呼ぶ人もいないようだ。いくらか谷、小滝を登り

Dsc02789
ながら二番目の大滝に着く。

Dsc02794
今日は
量が多いようだ。スパイク付きの長靴を履いてこられた法香さんは今日の水量と凍ってる水回りでは強力な武装だ。途中間伐された地域でいつものルートの逆をとった。間伐材が山腹で埋め尽くされ歩けない状態だった。今回はこんな感じでいくらか藪こぎ状態の箇所が一か所で少しあったが、あとは倒木を跨いだり潜ったりする状態は相変わらずだ。

Dsc02797
谷を歩くときに凍ってる状態で少し用心しながら歩いた。

P1060041x

二股の手前陽のあたる場所で昼ごはんとした。今日はいいお天気だがやはり谷の横はじっとしていると寒い!即そくと昼ごはんを過ごして歩きだした。二俣を右にとり次の三俣の最右の谷を上がる。

P1060101x
ヒロセ道の取りつく頃の様相が少し変わっていた。その上の二年程前にガレ場状態だった箇所も落ち着いてきてる様子だった。

P1060144
いよいよ源頭部に
近づいてきたが、この前ぐらいから足の動きが鈍くなってきてスピードが遅れる。(始めからだが)ダイトレに上がった時は「ほっ!」とした。

P1060103x_2
山頂まで行く道で“まり”に会いに行き売店前に到着。少し休憩して
レオさん・法香さんのお二人は大阪側に降りられるのでお別れして、残りの五人でマツバカケ尾根を下って高天彦神社のPに下山。今日の山歩きが無事終了したので神社に御礼申し上げ、ここで今日の解散として家路に向かった。リーダーのもんさんお疲れ様でした皆さんありがとう。本年の第一回目の炉端の会のオフ会無事終了しました。(画像は参加者のお方からいただきました) 

« 河内長野市と千早赤坂の境界尾根に | トップページ | 三峰山へ »

金剛山」カテゴリの記事