« 炉端の会の納会 | トップページ | 山上ヶ岳 »

2012年12月 5日 (水)

白鬚岳を登る。

12月2日(日)
ある日に古い雑誌を見ていて『白鬚岳』を見た。私は登ったことが無かったが『炉端の会』のオフ会で呼びかけたら『ごくう様』がご存知だったので、12月2日にオフ会を設定していただいた。Dsc02481

通称アサクラ山と呼ばれてるらしい、この山は結構急登の連続で私には堪えた。
まずは東谷の出合登山口から8時20分頃に入る。

Cimg1734
林道跡を上るとその道が終点、ここを右に谷を渡る。幾度か谷やガレバを渡り歩く。山腹の植林の中を歩いていく。これがかなり急登で私にはきつい歩きだ。

Dsc02472
今日は『門ちゃん、私の孫さくら・みずきにごくうさん、河内のTさん、SHOさん、じゅんさん』らが先を行く。ゆっくり歩いてくれてるがそのペースにもついていけない。私のお守りにKAZEさんがゆっくり写真を撮りながら最後を歩いてくれてる。

Pc020044xc
時々無線を通じて先行グループの足跡が送られてくる。それがもう少しだとか、尾根に登ったとかの情報で力が湧いてくる。神之谷集落に降りるルートのジョイント部分を通過、

Dsc02475
この少し前あたりから足元に雪が、尾根道を歩いてここもUP/DNや細尾根があり中々しんどい。いくらか歩いて小白鬚岳を通過。無線で連絡すると『そう開いてないで』と嬉しい連絡。

Dsc02478
ここからDN。細尾根をあるくと目の先に『白鬚岳』が目に入った。

Dsc02481_2
『え~あれか急坂を登らんな先まで行かれへんな~』と感じながら細尾根を通りいくらか霧氷状態をくぐりながらガンバ!孫から『白鬚岳到着しました』『爺~はへとへとです』『がんばってあがって来て下さい』『がんばります』とのやり取りで前を急ぐ。先行者達より2~30分位遅れて到着した。

Dsc02484
KAZEさんお守りありがとうございました。12時過ぎだった。お昼ごはんをして記念撮影。お天気もよく回りの景色を楽しんだ。地元の二上山までくっきり見えたのが嬉しい。12時45分頃下山開始。先ほど通った細尾根や急坂を下ったり小白鬚岳で小休止。

Dsc02493
また急坂を下り分岐点まで降りる。皆さんで相談して神之谷集落方面を降りる。このルート最近はあまり歩かれてない様子だ。ここも岩場の急坂があり孫のみずきは少し手間取ってる様子だ。

Dsc02497

しばらく歩くと案外平坦に変わり神之谷集落が近いのを感じる。民家の横を通り道路まで出たがここには登山道入り口の標識は無かった。

Dsc02506
あさ車を置いたところまで少しあるので『門さん、ごくうさん、河内のTさん、KAZEさん』らが車を取りに行ってくれ林道で待っていた。皆さんお疲れ様でした。私にはきつい歩きでしたが、白鬚岳の山頂や細尾根から見た周りはお天気もよく非常に眺めもよく楽しい一日でした。

Pc020138xc
ありがとうございました。
また、宜しくお願いいたします。





« 炉端の会の納会 | トップページ | 山上ヶ岳 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事