« 中葛城山奈良側・北山地区の探索 | トップページ | 西大台散策 »

2012年10月16日 (火)

久しぶりに天ヶ滝新道と橋元院の道を

3連休の最終日の8日、久しぶりに天ヶ滝新道と橋元院の道を歩いてきました。
金剛山錬成会のもみじ祭りに行くために天ヶ滝新道から登りました。

Dsc02261


山友のSHOさんが橋元院の駐車場で落ち合い、SHOさんの車を下山予定のこの地に置いておき、今日同行してくれるじゅんさん・孫の咲良・泉希の5人で登山口の桜の広場に車を置く。久しぶりのこの道、天ケ滝を見に降りて中の平で記念撮影。

Dsc02260
新欽明水で喉をうるおし、伏見峠。千早園地を見ながら山頂に。お弁当をいただき山頂でお会いした皆さんに挨拶を交わして下山にかかる。一の鳥居からダイトレを歩き、橋元院の道に入る。歩き始めは案外しっかりしたルートだったが途中から踏み跡、ルートもわかりづらくなってきた。私は何回も“まり”と歩いたルートなので尾根から谷までわかっているので慌てることがなかったが、初めての方は今の状態では踏み入られない方がいいだろう。先日の大風で倒木等もあり孫たちは難儀していた。これも経験!!。ようやく高区配水池の大峰あたりがよく見渡せる地点まで降りてきて、SHOさんの車で桜の広場まで朝おいた車を回収に行き解散とした。降りの橋元院の道では皆さんお疲れ様でした。

« 中葛城山奈良側・北山地区の探索 | トップページ | 西大台散策 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

ええ~、ルート不明瞭?
ダイトレから橋本院へのルートを歩かれたのですか!
私が中国へ赴任する前、崩れている箇所があり難儀しました。
あれから随分経つので、かなり苦労されたと思います。
お疲れ様でした。

ほんま久しぶりに橋元院に下りましたが半分ぐらいでトラロープのある箇所に取り付く箇所が左に降りるルートと同じぐらいの足跡の感じで左に降りてしまう感じです。直進がややこしくなっていてその先尾根も踏み跡がややこしく、その他も倒木・山抜け等で真ん中の部分がややこしい状態でした。下から登るいくらかとダイトレから降りる部分が確かですが真ん中が大変ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中葛城山奈良側・北山地区の探索 | トップページ | 西大台散策 »