« 小雨の行者還岳へ | トップページ | 中葛城山奈良側・北山地区の探索 »

2012年9月30日 (日)

石ブテ尾根、2つのルートを歩いてきました。

日曜日のお天気が雨予報なので9月29日(土)に石ブテ尾根を歩いてきました。

20120929_isibute2miti_2  

先週は病院の検査日があったりして疲れていたので土日とも山には行けなかった。
今回急だったので仲間は皆仕事だったり予定が入っていたりで家の近くにお住まいのじゅんさんにご一緒願ったらすんなりOKしてくれた。
じゅんさんはこのルート初めてらしく喜んでいただけた。私も久しぶりだ。今日は
石ブテ尾根道4通りあるルートのうち2ルートを歩いた。
石筆橋を渡り東谷に向かって砂防ダムまで林道を登る。いつ歩いてもコンクリート道は辛いな~。(どの坂でも辛いけど) 鉄板の橋を渡りすぐに右に入る。
驚 いたことに踏み跡がしっかりついている。これなら誰でも安心して歩けるな~と感じながら急坂を登っていくと ほぼ水平に西に向かって足跡が伸びていた。
しば らく進んでいったが ?? こんなに尾根を外れて歩いただろうか??。尾根から外
れてる感じだったので引き返した。あれは猪の踏み跡だったのか??
急坂を登る。何度も休憩して歩くからじゅんさんには尾根まで先に行っていただいた。

Dsc02194
一旦尾根に登りついて「ホッ!」とする。後はゆっくりした坂の細尾根を石ブテの尾根
Dsc02195_2
まで登ると「47番コン柱」に着く。後は石ブテ尾根を六道の辻目当てに登る。今は踏み跡もしっかり踏み込まれ固くなっている。以前の足に優しいふんわか感がなくなってる感じがするが・・・・・。

丸滝の道や東谷、中尾の背からの道が合流する所の地点より少し下から右尾根を上がる踏み跡があった。
推測するのに府県境辺りに登るだろうと感じたがやはりそこに上がった。(冒頭の地図の黄色のルートは元来のルート)六道の辻から少し上、赤いコン柱の府県境界線上から大日岳に登りすすきの中をくぐり抜け山頂を目指した。山頂はすっかり涼しくなっていた。

Dsc02169          (前回の大日岳の写真)

電光掲示板の温度は17°を指していた。午後の天気が気になるので昼食もそこそこに下山した。今度は石ブテの本尾根を下ることにした。ここも足跡がクッキリで以前に比べたら歩きやすくなっていた。
急坂をようやく林道まで降りてきた。少し雨がぱらついていたが心配なさそうだ。車まで降りて少し暗くなった空だったが雨に合わず下山できてよかったかな。
今日も一日いい汗をかいた。同行くだされたじゅんさん、ありがとうございました。
(林道横の大堰堤の蜂の巣は一段落着いたかな?蜂の姿はなかったように見えたが・・)

« 小雨の行者還岳へ | トップページ | 中葛城山奈良側・北山地区の探索 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
当日は、お付き合いできずにすみませんでした。
石ブテ尾根を歩かれたのですね、
旧道ですか?
このルートは自然林が多いので、登っていても気持ちがいいですね。

kazeさん
前日に電話ですいませんでした。
どこもかも久しぶりの道ですが今回は石ブテでした。
47番コン柱からは山頂まで一緒ですが枝の尾根は
どれも顔が違っていて楽しいですね。
自然林に変わってきたら感じがいいので歩きやすいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小雨の行者還岳へ | トップページ | 中葛城山奈良側・北山地区の探索 »