« シオカラ谷の上部に河原歩き | トップページ | 伯母子岳ヘ。 »

2012年8月 8日 (水)

初めての和歌山の山

山友のショウタンさんに和歌山の山を案内していただきました。

8月の5日は孫達とショウタンさんと釈迦ヶ岳に行く予定で168号線を走っていた。
大塔の道の駅で小休止して再度168を走っていくと、野迫川に入る3差路辺りから
雨が降り出してきた。そこで携帯がなったので聞くとショウタンさんからだった。
「どこや、雨降ってるか、今大塔の道の駅やけど雨やな。雷、孫さんに危ないから
帰ってくるか」「了解、大塔の道の駅まで帰ります」ということでUターン。
道の駅に帰って「和歌山の山に行くか?」ってことになり、ショウタンさんの先導で
一路和歌山まで走った。そこは総称して地蔵山と言うらしいがその登山口の
駐車場に着いた。大関駐車場だ。ここまできたらいい天気、もう降りてこられた登山者から「暑いで~身軽に行きや」って、孫たちが話しかけられていた。
駐車場の横の川を隔てたところに登山口があった。そこから尾根に取り付く。
土嚢を積み重ねて整備されてるところを登り、すぐに尾根に取り付いた。

Dsc01865
その辺りから古道にジョイントしていた。村界の道標も見られた。


Dsc01872_2
二上山に雰囲気が似ていて懐かしくも感じた。自然林で涼しい。
歩けば今時の事だから汗は出るが気持ちいい汗だ。やがてエビ峠という場所で小休止。
Dsc01869
ここまで完全に元気のいい孫たちにペースで負けてる。
小休止がありがたい。再度登りで倒木で造られたと言う
仏像等が置いてる箇所を通り、地蔵峠に向かう。

Dsc01881
地蔵峠に娘地蔵が安置されていたが、これは元あったところから今の場所に
移転されたらしい。歴史あるものを勝手に動かすのは如何なものかと思うが
ショウタンさんも怒っておられた。
この辺りは尾根歩きで所々景色がよくなる。ここは里山のわりに道標が整備
されていて歩きやすい。


Dsc01874
坂をどんどん上がっていくと六角堂と呼ばれる休憩所があった。
周りはきれいに整備されていた。その先が青少年の森と言われる広場だ。


Dsc01885
いくつかベンチが置かれていてここから和歌山市内が一望できる。
天気がよければ淡路島辺りも見えてきらきらと海も綺麗らしいが生憎少し
靄っていて残念だが十分展望を楽しんだ。

Dsc01888
孫たちは双眼鏡を持ってきていたので楽しんでいた。


Dsc01886
ここで昼食にしてゆっくり休憩時間を過ごした。
あと、すぐ上にある地蔵山を踏んで


Dsc01898_2 
Dsc01900 
井関峠に降り立った。峠から左に降り
途中、大福の名水と呼ばれるところで空になったペットボトルにその水を詰めて
家に持ち帰った。


Dsc01907
牛神さんの祠を見て林道を降り朝の駐車場に戻ってきた。
ここからショウタンさんに「和歌山ラーメン」をご馳走していただき帰路に着いた。
ありがとうございました。孫たちも喜んでいました。またご一緒ください。

« シオカラ谷の上部に河原歩き | トップページ | 伯母子岳ヘ。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シオカラ谷の上部に河原歩き | トップページ | 伯母子岳ヘ。 »