« 孫たちと大台に | トップページ | 初めての和歌山の山 »

2012年7月31日 (火)

シオカラ谷の上部に河原歩き

暑い日が続きます。いくらか涼しさを味わいたいので何処かないかな~

7月の最終の日曜日、29日に
そういうことで以前だったら沢歩きをしたんだが、今の状態では歩けないので
適当な谷はないかな~と考えていたら、ありました!。金剛山の丸滝谷。でも
あとの岩場のロープ場に自信がないので諦めました。(あそこのロープは大丈夫だろうか?)。
それで2009年に歩いた大台のシオカラ谷(
シオカラ谷遡行)の上部、

P7290025x
吊橋から源頭部に向かっては『河原歩き』、登山靴でも歩けるルートだ。
水の流れを歩くので涼しい筈だ。今日はここにしました。
前日にKAZEさん、もんさんをお誘いして私のお守をしていただいた。
上手く日程が合ったのか合わせて頂いたのか同行下された。
大台の駐車場に着いたのが7時半ごろだったか、支度をして8時前に

P7290002x_3

シオカラ吊橋に下っていった。

P7290004

8時30分ごろ入谷。足元が心配なので私は普通に沢支度をした。ほとんど登山靴で歩ける『河原歩き』だが、足を濡らしながら上に進む。

P7290015x

少しずつ足元が慣れてきたがまだ滑って転ばないかなと恐怖心が残る。
そんなに深いところもなく大きい岩もなくほとんど綺麗なナメだ。

P7290021x

たまには小さい岩を登ったりするが比較的『河原歩き』だ。
途中に以前は貯木場だったりしたんだろう石垣の上に平坦な土地

P7290025

があったり
トロッコの車輪が沢に落ちていたりする。面白がってその車輪をバーベル代わりに持ち上げてみたが今の私にはこれ以上上がらない(笑 しかも逆手なのに情けない!!

P7290019

そんな遊びをしながら途中綺麗な堰堤を上ったりして

P7290035

大台の遊歩道の中道の橋を潜る。

P7290063x
源頭部まで行こうということで
さらに上を目指す。もう少しで日出ヶ岳の下の展望台に着く当たりまで登ってきた。

P7290072x

遊歩道にジョイントして日出ヶ岳を目指す。すぐに下の展望台に到着。私はこの水曜日に登っているのと疲れたのでKAZEさんともんさんが登られ帰ってくるのを待っていた。
帰ってこられる間沢足袋とわらじを脱いでアプローチシューズに履き替えた。
しばらくして帰ってこられ、周回しょうとしたら『河内のT様』が若い子らを引率して登ってこられた。
今日ここに来られることを聞いていたが、まさか合えるとは思わなかった。挨拶をして別れた。足元のよい遊歩道

P7290061

の途中で昼ごはんにして、尾鷲辻まで降り、お二人は周回路を行かれ、私は中道を駐車場に向かった。お二人と一緒に行きたかったが、シオカラ橋から駐車場への階段が億劫で中道を選んだが情けなくもう笑うしかない!!
朝歩いた谷の枝を何本か見ながら中道を駐車場に向かった。1時前に着いて着替えてお二人の帰りを待っていた。お二人はすぐに帰ってこられた。思わず「はや!」っと言ってしまった。
入り口の大きな石の「大台ヶ原」の前で記念撮影。

P7290084_2

コーヒーを飲んでゆっくり時間を過ごし駐車場をあとにしたら下のトンネルに着くころから雨が降り出した。天気予報ドンピシャだ。
楽しく涼しい大台歩きに付き合ってくれたKAZEさんもんさん、ありがとうございました。(画像はお二人から頂きました)

« 孫たちと大台に | トップページ | 初めての和歌山の山 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

暑いときは沢歩きが一番ですね
ここの部分お誘いしようかななんて思っていました
私はレールの切れ端をみつけましたが 車輪とは


プチ沢歩き、お疲れ様でした。
私にとっては久しぶりの大台でしたので、懐かしかったです。
登山靴でも歩けましたので良かったです。
講習が必要ですが、西大台も探索したいですね。

ショウタンさん
ショウタンさんのブログを思い出し歩いてきました。
以前レールを見つけたらしいですが、今回は車輪を見つけました。
持ち上げましたがあれ以上は上がりませんでした。
もんさんがこの写真をUPしたら「ショウタンさんが欲しがるで」って
笑ってましたよ。いい所に付き合ってもらいました。

kaze さん。
急にお誘いして沢のことを詳しく告げずすいませんでした。
広く綺麗な沢なのと傾斜も少なく私にはもってこいでした。
秋には西大台講習受けて歩きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孫たちと大台に | トップページ | 初めての和歌山の山 »