« オオヤマレンゲ | トップページ | 孫たちと大台に »

2012年7月17日 (火)

大台の古道、筏場道~大台辻から添谷山に。

15日は大台の土倉古道、筏場道を歩いてきました。

15日の行程
P08:00-三十三荷08:50-銀嶺水-道抜け地点10:35-大台辻11:23~11:45-下り分岐点12:08昼食12:50-添谷山13:33~
添谷山13:45-尾根分岐14:40-筏場道出会い15:06-三十三荷16:02-駐車場17:20
ドライブウェイが出来るまで歩かれた古道らしい。
山友のショウタンさんが「爺さんでも歩ける大台のルートがあるで、案内するよ」と言っていただいたので私たちの炉辺の会のオフ会Aとしてショウタンさんがリーダーを勤めてくださり、8人で歩いてきました。
当日7時に道の駅杉の井川上に集合。皆さんと3台の車で大迫ダムから汐の波温泉を通り筏場に。林道のゲート手前の駐車場に車を停めてここからすぐ横の登山口から古道を歩く。

Dsc01746
左岸に沿って緩やかな道を上がっていく。スタートから私にとってはありがたい緩やかな道だ。先頭を行く今日のリーダー・ショウタンさんが私の身体を気遣ってノンビリペースで歩いてくれる。ありがたく気持ちも楽に歩かせてもらえた。

P1010533
そんなのんびりペースだから皆さんの会話も楽しい。ところどころ気の抜けない箇所もある。(最近通行止めになってるらしいが自己責任ということで)硫黄の臭いが少し臭って
小橋を渡ったら「五色の湯跡」だ。

Dsc01753
その上を行くと大きく開けて川が二つに分れる。そこに吊橋が

Dsc01761
ありそれを渡って少しいくと川から離れてUターンの感じで山腹を登る。何箇所か抜けてる箇所もあって足元に用心しながら序々に本当にゆっくり高度を上げて歩き「三十三荷」というポイントで休憩。

Dsc01768
今日は川沿いでマイナスイオンたっぷり味わい、

Dsc01759
上に上がれば風が通り身体を労わってくれる。実にいい感じだ。このあたりから古道を思わせる石垣がよく目に付く。

Dsc01780
この古道は100年位の歴史があるらしい。土倉庄三郎というお方が私財を投げ打って大台に至る道をつけたり植林に力を入れたりでその功績を称える碑もある。この辺りから自然林が大台だな~と感じさせる。少し抜けたところ

Cimg1075
を慎重に通りすぎると、朝からショウタンさんが言っていた水場「銀嶺水」に到着。なくなったペットボトルに美味しい水を補給。

P1010561
一口、口にする「美味い!」。ここで身体を生き返らせて右に沢の音を聞きながら上に行くと道が大抜けしている箇所。以前にトラロープを張ってあったんであろうが、かなり下に落ちて見える。

P1010569
その地点を右に大きく巻いて、用心のためにショウタンさんがザイルを張ってくれてザレ場を渡る。

Cimg1090
その先斜めに右に降りて古道に戻る。これが過ぎればしばらく楽な道が続いてやがて「大台辻」に着いた。

Dsc01782
ここで大休止。
まだお昼に少し早いのでここから「添谷山」に向かう尾根上を歩く。ここも気持ちいい尾根歩きだ。

Dsc01787
風の通る影のあるところで長いお昼タイムになった。食事後ザイルワークをしたり沢・谷の話に華が咲く。時間もきたので先に急ぎ帰りのショートカットするための尾根の分岐を確認して「添谷山・三等三角点・1520.1M」に到着。

1207150028
ここに来るまでの原生林が美しかった。お天気もよく周りの山々も綺麗に見えた。山頂で記念撮影して下山にかかった。

P1010587
下山用の尾根をショウタンさんが開いてくれていたので楽に降りられた。急坂が続くが

Dsc01796
簡単に古道に降りてこられた。「銀嶺水」の手前だったからもう一度ペットボトルに詰め込んで家に持って帰って「冷茶」を頂いた。帰りは風景を見ながら
のんびり登山口に降り立った。

Dsc01806
今日はお陰で気分よく歩かせていただいた。何回も下見に行って下さりみんなを案内してくれた「ショウタンさん」ありがとうございました。それに私のペースでノンビリ同行下された仲間の方々にも感謝です。当日の午後は今までになく身体が快調だったのがうれしかったです。

沿面距離16km、総時間約10時間、累積標高1105mのコースでだったが気持ちのいい山歩きだった。(画像は参加者の方々からいただきました)

« オオヤマレンゲ | トップページ | 孫たちと大台に »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

台高の古道と稜線歩きを堪能されたようですね。
台高の雰囲気は、いいですよね。
2本足のような木がおもしろいですね。
快調に歩かれたようで、安心しました。

RIKOさん
案内していただいたこのルート、
超ノンビリコースで今の私にぴったりのコースでした
16Km10時間でしたがぜんぜん疲れの残らない
いい感じで歩きとおせました。
景色も同行者もよかったです。

お疲れ様でした。
このルートは歩いたことはありませんが、十倉古道は、昔、少し歩いたことがあります。
大台辻、過去に迷ったところでちょっと懐かしいです。
それにしてもいい天気のようで、良かったですね。

風様
本当にいいところに案内していただきました。
距離は長かったけど足に優しい登山ルートでした。
この古道アチコチ歩いてみたいと思っています。
またご一緒してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオヤマレンゲ | トップページ | 孫たちと大台に »