« オリエンテーリング | トップページ | 霧ヶ滝 »

2011年7月 7日 (木)

旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる

私は俳句や和歌、綺麗な花なんかに 申し訳ないが興味がない。と、言ってもそんな知識の持ち合わせがない。でもそれなどを粗末にしたり壊したりするものではない。むしろ綺麗だ綺麗だと言ってそれを撮るために一つの花を目指して手前の花を踏みつける 愚かなやつもおるが そんなやつはもってのほかである。私は只 山を歩くのが好きなだけである。前置きはこれぐらいで、最近退院してから自宅療養だが、思うように動かない身体で (事故以来徐々に良くはなってはいるが?) 一人ぼ~~としてると、奧駆けの道 風雨の中必死に前に向かって岩場を歩いてる自分を見たり、地元の東谷(勘助屋敷の谷)を 今まで経験したことのない流れの多い谷を 愛犬まりと歩いてる姿を下から眺めてる もう一つの自分があったりする。まりがもう一つの自分を見ても 090228_iwagono_fusimi_26 何事もないように又必死に上を目指してる。「ピンポ~~ン」のインターホーンの音で目を覚ます(笑。な~~んだ夢見てたんや。で、タイトルの句を思い出した。

« オリエンテーリング | トップページ | 霧ヶ滝 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリエンテーリング | トップページ | 霧ヶ滝 »