« 国土地理院 | トップページ | KAZEさん帰国お迎え豚汁オフ会 »

2011年3月13日 (日)

タカ丸君の墓参り。

 

東日本大震災で被災された方やその関係者の方へ心よりお見舞い申し上げます。こんな時に更新もなんですが、私としては約半年ぶりの山登りですので、・・・・・

昨年の夏タカ丸君の命日に、うちの“まり”を連れてお墓参りをする予定だった。が、まりの体調が思わしくなく、秋の涼しくなったらお伺いすると、タカ丸のお父さん(宮司さん)にお伝えしていた。そんな中今度は私の身体の都合で今まで行けなかった。退院する少し前になるべく早い時期に行きたいと(まっくん)らに言っていた。退院してから脚の方を鍛えて、(首・腕・肩は芳しくないが)13日の日曜日と決めた。残念なことにまりとは行けなかった。富田林駅からバスに乗りケーブル下まで。ケーブルの駅の下(念仏坂の入り口)で《PinoPlan》の松本様にアイゼンをお借りした。朝、バッグに入れなくてはと思いながら忘れてしまった。ここに来て人様の情けが有り難かった。「又、百々川に行くときは誘って下さい」とのお言葉も頂戴して、この先歩くのには不安はあったがケーブルで山頂を目指した。ケーブルの上の駅からシャーベット状になった道を山頂目指して歩いた。汗が気持ちいい。どうにか山頂に到達。まずはタカ丸君のお墓参りを済ませ、売店に伺った。まっくんが待っていてくれた。宮司(葛城)さんと3人でしばらく談笑して過ごした。怪我のことを心配して下さっていた。コーヒー・おうどんをご馳走になり、お守りなどのお土産まで頂いた。お昼が近づいてきたので売店を出た。タカ丸君のお墓にもう一度まっくんと訪れたらお供えしたお菓子類全部、多分カラスが食べたんだろう、残骸だけが残っていた。残念!!。そこでまっくんとお別れしてケーブル駅まで歩いた。ケーブルで下まで行き、バス乗り場でまっくんに「今日はありがとう無事降りれました」と電話すると、送ってやるとのこと。有り難くまっくんの車を待った。下に向かって走ってると、急に309号線に向かってくれた。「まっくん大丈夫やから富田林でええで」と言ったが309号線を上に向かって走って、とうとう家まで送ってくれた。今日は会った方みんなに情けを頂いた。《PinoPlan》の松本様・《葛木神社の宮司》の葛城様・《金剛山登山道情報》のまっくん、お会いしたみんなに暖かく接して頂き、超久しぶりの金剛山は又好きになってしまった。でも疲れた(笑

« 国土地理院 | トップページ | KAZEさん帰国お迎え豚汁オフ会 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

半年振りの金剛山、久しぶりの汗でしたね。
疲れたのは、山が久しぶり過ぎだからではないですか。
だんだん、疲れなくなると思いますよ。

まりちゃんもきっと、爺々さんの足元を行ったり来たりして一緒に来ていたと思います。

RIKOさん
まりと二人で歩いたこともある懐かしい道でした。大昔孫がまだ小さいとき、ケーブルで来るので山頂からまりと歩いた道でした。懐かし~!!!!!。
歩く回数が増えるとRIKOさんの仰るようにだんだん疲れが感じないようになりたいです。これからは頑張ります。

超久しぶりの金剛山さぞかしお疲れになられた事でしょう…。

大変御苦労さまでした。

爺々さんがその前に金剛山に行かれたのは、私の記憶ではあの真夏の坊領ルート以来かと…?
(間違ってたらすいません)

それと百々川と言えば私が最初に爺々さんに最初に案内して頂いた(個人行きで)懐かしのルートです。
あれから一もう年以上経つのですね…。

カッちゃんさん
最後に山頂まで上がったのはもう忘れてしまいました。
あまりにも今回上がったのが懐かしく長い空間があったように
思いました。ケーブルの駅からも相当長く感じました。
疲れました。早く体力もつけなくてはと痛感しました。

とうとうお見舞いにも行けずに、すみませんでした。m(._.)m
もう再開ですか?ぼちぼちだとは思いますが、あまり無理はなさらぬように。
もう少し暖かくなったら、というか東北地方が落ち着いたら、近くの里山にでも散歩に出かけましょう・・・こじんまりと。

おっ言様
こちらこそご無沙汰です。
暖かくなったら二上あたりでお会いしたいですね。
金剛山には昨年の5月16日に山頂まで上がりましたが、それ以降は下で遊んだことは
あっても、山頂へはそれから初めてでした。シャーベット状で歩きにくかったです。
相当体力が落ちているのと、未だに肩・腕・手首が思うように動かないのが悔しいです。
それでも頑張ってます!と頑張ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国土地理院 | トップページ | KAZEさん帰国お迎え豚汁オフ会 »