« まりが大変!と大峰伯母谷覗と大普賢岳オフ会 | トップページ | 観音峰・稲村ヶ岳。 »

2010年9月 5日 (日)

坊領ルート

次回、剛友会の例会にここを歩く予定なので、今年の5月4日の日に石井さんと歩いてみたルートを再度今日(9月4日)、4ヶ月ぶりに歩いてみた。 その昔、坊領千軒と詠われ栄えた路。今は荒れていて歩く人もまばらな状態だ。今日は”まっくんの案内で歩く。同行くだされたのが”華”さん、”コウ”さんと私の4人で登ってきた。日本一可愛い道の駅・楠公生誕の地に車を置かせていただき、まずは建水分神社(金剛バス・水分神社前停留所)まで移動。 Resize0521ここから神社に参拝して、一路上赤坂城跡に向かってグリーンロードを通り左に上がる。Resize0528上赤坂城跡 の駐車場が坊領ルートの入り口になる。Resize0530ここから城跡まで整備された路だ。そろばん橋などを通り、城跡下まで到着。お互い「今日は暑いな~」「城跡には登ったと言うことで・・・」Resize0534 じっとしていたら、うるさい虫どもですぐに上に向かって、みんなで歩き出す。まっくんが棒きれで蜘蛛の巣を払いながら、先頭を歩いてくれる。私は早くもアップアップ状態。天国から私の歩きを見て石井さんが笑っているだろうって感じながら歩いていた。砦跡Resize0543 を折れて進みどうにか猫路城跡に。ここで小休止!。この近くではうるさい虻や蠅がいなくなっていた。Resize0547 「サ~行きましょう」と、さらに上を目指す。少し坂が急になってきて鉄塔下につく。この先に坊領山だ。相変わらず風の通らない低い尾根路を歩いて鉄塔を超し、ようやく坊領山の下に。 ここも上がったということでパス。P9040025そのままお昼ご飯が食べられるベストな場所を求めて歩く。幾分歩いていくと小尾根に、風が少し通る感じ、ここで昼飯にありつく。ゆっくり休んで後は青崩道まで後一息だ。P9040027又まっくんを先頭にこれから急坂をこなしていく。 清井山の尾根を登る手前を左に巻きながらややフラットに進むと、青崩道の町石のあるところにいきなりとんで出た。 初めてのルートだ。P9040028ココからだとあの急坂を免れるし、少し足元が悪いがもし今後歩くとすれば、ここを歩こう。青崩道に出て”セト”に着いた。ここから”華”さん・”コウ”さんのお二人は捺印の為山頂に行かれた。身体の弱い”まっくん”と私はそのまま下山。熱中症寸前の身体でまつまさに入り、二人ともかき氷を2杯立て続けに腹に入れ、どうにか落ち着いた。しばらくするとお二人が降りてこられ、”コウ”さんも2杯、”華”さんも一杯、かき氷を食された。本当に暑い中お付き合いくだされ、ありがとうございました。これに懲りず今後も宜しくです。まっくん、本ちゃんも宜しくです。(一部前回5月4日の画像を使用しました。)日曜日は一日家にいました。

登山道案内はここから まっくんのHP(坊領ルート)

« まりが大変!と大峰伯母谷覗と大普賢岳オフ会 | トップページ | 観音峰・稲村ヶ岳。 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

坊領ルートは、下山で一回歩いただけです。
この酷暑の中、よく登られましたね。読んだだけで汗が出てきそうです・・
最後のところ、清井山との分岐に向かわず横に斜面をトラバースする道は、
確かにまっくんの金剛山地図に載ってますね。

arajin様
ただでさえ暑い今日この頃なのに、あの風の通らないルートにはこたえました。
清井山のあのルートは初めて歩きました。町石から見ても判らないですね。

暑かったでしょうねー。でもかき氷二杯とは!
山頂のソフトクリームが食べたいですわ。

RIKOさん
沢は涼しかったでしょうが、前日の土曜日は相当暑かった!?ですね。
まつまさでかき氷をまっくんと二人、後でコウさんも、立て続けに2杯ほおばってました。
やっと、身体が元に返った気分でしたよ。

私はこのルートは未踏なので今月の例会が楽しみです。

それにしても「お疲れ様でした」という言葉しか出ません…。
皆さんが嬉しそうにかき氷を頬張る姿が目に浮かびます。
(週末は自分だけ沢で涼んできましたが…)

カッちゃん様
次回の例会の時はお手伝い宜しくです。明くる日の白子谷には
あの最後の檄登りを思い出しただけで、ついて行けませんでした。
早いうちに何処かの沢にもう一度行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まりが大変!と大峰伯母谷覗と大普賢岳オフ会 | トップページ | 観音峰・稲村ヶ岳。 »