« 3度目の赤井谷。 | トップページ | オフ会下見にお邪魔虫。 »

2010年8月10日 (火)

一年ぶりに弥山川遡行に。

弥山川遡行案内は http://homepage3.nifty.com/nara-takada/oomine-misenjiitandoku.html

先日の8日の日曜日に、一年ぶりに炉端の会の皆さん8人で、弥山川遡行に行ってきました。8人のうちの三人はこのルートの経験者。五人のお方は初遡行で大変楽しみにされていた。前日は怪しげな天気予報だったが、あるサイトの天気予報はいい感じだったので、それを信用して、決行することにし、集合場所・黒滝道の駅に朝、5時半に集まった。そこから熊渡に全員移動、登山口の橋を渡り林道を歩く。Dscf6015 分岐を左に降りて、白川八丁に入り、ガマ滝を目指す。約1時間でガマ滝に着いたが、水量が多い!。ここに来るまで幾分水量が多いんじゃないかなと思われる白川八丁の雰囲気だった。Dscf6021 夫婦連れのお二人が「石が滑るので」って、引き替えされた。ダムの水が取水されず、ほとんど滝に落ちてる感じだった。Dscf6024 さーいよいよ出発だ。ガマ滝の左側を上がり本格的に弥山川遡行・双門の滝・巌双門を目指す。滑りやすい通路に岩に鉄筋を差し込んで掴みながらの登りやDscf6032 急坂の山原等を登り1時間ほどで一の滝の下に。ここで小休止。Dscf6036 吊り橋を渡り天に続くような梯子Dscf6040 や鎖の付いた岩、浮根の細尾根道等を通り、梯子を少しくだったところで双門の滝の見えるテラスに到着。一の滝から1時間半位か。テラスで双門の滝をバックにお決まりの記念撮影!。Dscf6046 今日は水量が多くダイナミックで音も大きく感じた。そこからザンギ平の肩に向かう。途中今日のメインの《巌双門》を訪れることにする。ルートより少し降ったところにあるのだが、以前あった目印がすっかり無くなっていた。巌双門は見物禁止・立ち入り禁止になったんであろうか?古~~い赤テープもすっかり剥がされていた。そんな中を巌双門に着き、同行者から感嘆の声!!、P8080020 「双門の滝も立派で感激したが、この自然の中の巌の双門も感激!!」。ここでも記念撮影。登山道に戻り、ザンギ平の肩に、遠く金剛山や二上山の二つのコブまで見えて、ここに来るまで少し霞んでいたり、時には小さい雨にも遭ったりしたが、すっかり天候は回復してここでは最高のお天気だった。少し風もあってやや涼しい感じだ。小休止。Dscf6061 あとは階段・鎖の檄下り。標識を見て少し又山腹を弥山川に沿って行く。この近くの滝も依然水量が多く、音を立てて落ちている。P8080024 何度か弥山川に入ったりしながら、涼しさを頂戴しながら河原小屋に向かう。ここまで8人のグループにしては順調なペースできている。P8080025_2 何度か渡渉しながら二股迄取り付く。右に進んで鎖の梯子場・回廊等を過ぎてP8080027 いよいよ弥山川最終の狼平に2時丁度に到着。ここで2時半まで大休止!!。各自足を休めたり着替えをしたり、今まで満足にゆっくり食事をしてないのでここで腹を満たす者等々。お決まりの避難小屋の前で幾分曇り空になったので撮影。 20100808_ookamitairasiyuugou2_7 西向きのため日があると逆行になるため、タイミング良く幾らか雲が出てきてくれて助かる。充分休憩できたので2時30分下山開始。高崎横手を・ナベの耳を通りカナビキ尾根に降る分岐まで、ここもテープが根こそぎ剥がされていた。あまり多くあるのも見苦しいが、全部無くなるのもいかがなものかと思う。わかってるものはいいがそれをアテにして歩いてる人もいるだろうに・・・。長~い坂を下って、朝の熊渡に降りつくことが出来た。同行くだされた皆さん(ゴクウ様・のび太様・もんさん様・カッちゃん様・ryuu様・クッキー様・紬様)楽しい一日、ありがとうございました。(画像は同行者の方々から頂きました)

« 3度目の赤井谷。 | トップページ | オフ会下見にお邪魔虫。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

8日は色々とお世話になり、ありがとうございました。
また、早朝から長時間大変お疲れ様でした。

弥山川遡行は私の夢と目標であったので、それが実現できた今、喜びと嬉しさに包まれています。
そう実感できるのも、爺々さまはじめご同行の方々からの、様々なフォローやお気遣いがあったからこそです。
心から御礼申し上げます。

また、炉端の会では、私の山の世界や楽しみを拡げていただき、会員の魅力的な皆さまとのご縁も含め、日頃から感謝しています。

今回の経験を活かしながらこれからも、爺々さまや皆さまとご一緒に登山を楽しんでいきたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

長距離難路コースお疲れ様でした。
水量が多かったのですね。トラバースのところも去年は水がなく、下を歩いてましたね。
滝も迫力あったでしょうね。

紬様
当日はお疲れ様でした。巌双門を含め8人のパーティーで
狼平まで8時間は、全て上手くいった感じでした。
皆さんの渡渉、岩のぼり、アプローチ個所も含め
健脚ぶりには感心しました。
又、こちらこそ楽しい山歩き、宜しくです。

RIKOさん
今回はアノアプローチ個所、下に流れがありました。
身近で見るガマ滝や双門の滝の水量も多かったようでした。
多少渡渉に手間取りました。

2週連続でロングルートを御案内して頂き、誠にありがとうごさいました。
そして幻の「巌の双門」、くっきりこの目に焼きつかせました。
秋にはこのルートを私がリーダーとして別のメンバーを連れて行く事になりそうです。
頑張ります!

カッ様
お疲れ様でした。
あのルート、落ち着いて歩けばそれなりに楽しいルートですね。
>リーダーとして別のメンバーを連れて行く
それは早速おめでとうございます。頑張ってください。
Mさんも、もう一度このルート(数ある渡渉箇所)を確かめに
歩いてみたいと言ってました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3度目の赤井谷。 | トップページ | オフ会下見にお邪魔虫。 »