« 7月オフ会の下見。 | トップページ | 大日岳の鎖場、独占!! »

2010年7月11日 (日)

聖宝谷北尾根・弥山への直進尾根。

  先週は生憎の天候で、のんびりしていたので、今週は気合いを入れておこうと思っていた。土日の天気予報では日曜日が悪そうなので、土曜日に気合いを入れて、鉄山ルンゼに登ろうかと考えていた、ショウタンさんやだんちょさんらに情報を得て、地理院の地図をコピーしてルートを眺めていた。かなり詰まってるな~~、辛そうだな~等と感じていた。上がってから弥山に縦走するつもりだったから、鉄山からの縦走路を見ていたら、弥山の北側に登る一本の尾根が目についた。「これは面白そうだな~、今まで目にしたことがないルートだな~、鉄山ルンゼよりこれにしょう、鉄山ルンゼは又今度みんなで行こう!」と、言うことで、「聖宝の谷・北尾根ルート?」(勝手に命名)にチャレンジすることにした。ルート図=「2010-07-10.xls」をダウンロード 現地に行ったら弥山に登るモノレールらしきレールが私たちのこれから登る起点にあった。309号線横に車を置き、聖宝谷に入った。幾らか堰堤を通り過ぎ尾根に取り付く個所を探していたが、どれもこれも急登だ、適当な個所を左に上がった。急坂を這うように上がり、A1_p7100075_2 尾根にとるつくとモノレールが目に入った。やはり弥山の物資を運ぶためのモノレールだ。これが尾根をまっすぐに伸びている。A1_p7100076 等高線は相変わらず詰まっていて私の体力では中々前に進まない。同行くだされた「もんさん」には、迷惑をかけてる。50Mの高さを上がるのにも汗びっしょり、すでに500ml を飲み干した。そのうち右側に切れ落ちたザレが目に入った。圧巻だ。大きな岩がその頭にあるが、A1_dsc00305 これもそのうち落下するんであろう。もし落ちるとなったら・・・・・・A1_p7100090 徐々に高度を増すと、モノレールの軌道が左に旋回していった。谷を渡ってるように思えた。私たちは尾根を直進してると、やはり岩場に突き当たった。私たちはそれなりの装備をして上がってきてるので、慌てることはなかったが、それも必要なかった。最初の岩場はチョックストーン状を駆け上がり、A1_p7100099_2 2つめの岩場は真ん中を這い登った。岩場はこの2個所だけだった。A1_p7100106 その岩場を通り過ぎると先程、左に逃げていた軌道が再度尾根に戻ってきていた。何度もGPSで位置確認をしながら、「あと○○Mやな」と自分に言い聞かせるが、それが中々しんどいルートだ。A1_p7100110 ようやく稜線に近づいてきた。モノレールは稜線の下をやや高度を上げながら弥山に向かってる。 つかず離れず軌道に沿って歩いていくと、ほぼ弥山の最高点に近づいてきた。ようやく小屋の西側に辿り着いた。起点から5時間10分の道のりだった。ア~しんどかった!!。A1_p7100117_2 国見八方覗きで食事をしてから、八経ヶ岳に登った。途中のオオヤマレンゲの保護区でもんさんが写真撮影。A1_p7100120_2 八経ヶ岳まで登ってピストン。弥山からは通常ルートでトンネル西口まで下りて、309号線を約30分強かかって、起点の聖宝谷の橋のところまで歩いた。この309号線の歩きが今日のルートで2番目に辛く感じた。

付録ー鹿を撃つハンターの方に遭遇しました。猟犬を山に放して、犬に付けた発信器でその犬の居何処をハンターが関知する。犬が鹿を追いかけてハンターの目のつく方に追いやってくる。中々大したものでよく訓練されてると関心した。ハンターのいる場所より、かなりの距離だが犬が鹿を目につく距離まで追いやったきたところ、猟銃で狙い定めて(3~400Mあるだろうか)「バ~~ン」。ハンターは一発でしとめた。さすがプロ!!。写真を撮って役所に報告するらしい。貴重なものを見せていただいた。

今回の画像は全て「もんさん」から頂戴しました。

« 7月オフ会の下見。 | トップページ | 大日岳の鎖場、独占!! »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

昨日はどうもありがとうございました
登り始めから急登で荒行でしたね
尾根ルートはだれも行ってないようですね
踏み跡もないし鹿の足跡しかありませんでした

弥山から八経までオオヤマレンゲがちょうどいい見ごろでした

すごく充実した一日を過ごせました
また新ルート発掘の際はよろしくお願いします

梅雨の晴れ間を活かされ、もんさんとご一緒に登山を楽しまれ良かったですね。
また、ハンターさんとワンちゃんの息の合った技は、圧巻だったでしょうね。

それでも、暑い中の急登を5時間10分も登られ、さぞしんどかったことと思います。
下りの国道歩き共々、お疲れ様でした。

こっそり自分だけバリエーションを楽しむなんてずるい!!
・・って、私は用事があったんで、どっちにしろ山には行けませんでしたけどね・・・(泣)

「聖宝の谷北尾根ルート」・・地図で確認しました!
なるほど、登れそうな尾根ですね。さすが爺々さん、目の付けどころがちがう!!
「右側の切れ落ちたザレ」も位置確認!!・・なるほど、聖宝谷のさらに北の谷ですね。
パックリ口を開けた大きな崖くずれのあとのような谷ですね~。直下に眺めたらぞくぞくしそうです。
でも、そこからが、めっちゃきついやないですか?!・・ここに2つの岩場があるんですね?
辿りついたところは、弥山と修覆山の間のピークですか・・

お疲れ様でした。おもしろい冒険だったでしょうね。
私も、爺々さんから安心して声をかけてもらえるように、早く技術と体力を身につけたいですね。

もんさん様
昨日は年寄りのお守り、ありがとうございました。
初めの急坂から尾根に取り付くまで、余分な時間を喰ってしまいまして
結局暑かったのと、私の脚力で相当時間を喰ってしまいました。
でも、楽しい尾根、岩歩きでした。同行、ありがとうございました。

紬様
実は日曜に設定してましたが、天気予報で前日の土曜日しかないと思い
土曜日に行ってまいりました。
辛い歩きでしたが、最後に賢い猟犬とその優しそうなハンターにあえて
調度息のあった技を見せていただき、少し感動ものでした。

arajin様
昨日は久しぶりに尾根歩きを楽しみました。充実した一日でした。
日曜の予定がお天気で土曜日になりました。arajin様やかっちゃん様は
10日の予定が×だったのを存じ上げてましたので、それにいつもの如く
直前に決まったものでもんさんにお守りをお願いしました。
又、こんな冒険がしたいと思っています。

昨日は暑い中お疲れ様でした。
今回は面白そう(?)なルート行かれましたね。
当然地図には載っていませんが行こうと思えば行けるルートがあるものてすね。

先日arajinさんと「鉄山から弥山に行けんもんかな?」と相談してました。
いつかチャレンジしてみます。

あんまり楽しそうだったので、ちょっとすねてみただけで~す・・(笑)
もっと経験を積んでがんばりま~す。
よろしくお願いしま~す(笑)

カツちゃん様
こんばんは、昨日は楽しめました。ご存じと思いますが、私は大抵初めてのルートは
単独か二人ぐらいで行くのが正解だと思ってます。なぜなら先に何があるか判らないから、人数が多ければ対処しにくくなるかも知れないと懸念するんです。一度歩けば、次回から皆さんと歩けると思うんです。少し涼しくなれば案内しますよ。
鉄山から弥山はルートができてるはずです。昨日も鉄山ルンゼに登ればそのルートをとるはずでした。お二人なら充分楽に歩けると思いますよ。私が同行すれば足手まといになるでしょう。

arajin 様
こちらこそ宜しくお願いします。

お疲れさまです(`_´)ゞ
次の下見ご苦労様ですpaper
楽しめそうですね〜、案内よろしくです
happy01
そう言えば最近冒険してないな〜sign01
もう少し簡単そうなところ、独りで歩きに行こうかな〜(^_^;))))))コソコソ…

何時も頼りっぱなしですいませんm(_ _)m

ryuu君
オフ会の下見ではおませんで。でも大した冒険ではなかったですが
暑さと見た感じ以上の等高線の詰まりが急でまいりました。
皆さんならもっと時間短縮できますよ。私のペースで良ければ
案内しますけど?

冒険好き爺さまですねぇ。
しんどそうですが、未知のルートで登れて、達成感たっぷりでしたでしょう。

(オオヤマレンゲ、枯れている写真はないですね・・・)

RIKOさん
私が、冒険好き爺~です。
暑かったし、ほんま、しんどかったです。
弥山の小屋が見えたときは「ほっ!」としました。
オオヤマレンゲ、カメラが又潰れて今はありません。
「◎長」はあんな婆~みたいな色のレンゲは撮らんでしょう。

おお アノ尾根登りましたか
地図で見ると二の足踏んでいました
行く気が湧いてきました

たいへんなルートをお疲れ様でした。

同じ日に弥山~八経を登られていらっしゃったのですね。
聖宝谷ってどこかと調べてみて、はたと気がつきました。
あの山抜けしたような所の建物のある広場(ロープを張った内側)に、
どこかで見たような車をみつけ、もしかして爺々さんの車?と
思っておりました。(屋根に舟?がついてました)
行き(11時前)も帰り(15時半ごろ)にも止まったままでした。
やはり爺々さんのお車でしたか。
あんなところから登れるのですね。
ブログも拝見しました。
下山時にばったり出くわしていれば
トンネルから起点までお送りさせていただいたのですが。good

ショウタンさん
すでにショウタンさんのことだから、踏破済みだと思って
いましたよ。

キバラーさん
コメントありがとう。そうです、あれは私の車です。
お帰りの3時半頃はまだ聖宝の宿跡を過ぎた辺りを
老体に鞭打って下山してました。
今度お会いすることがあったら乗せてください。

なんとも凄い所を行かれていますね・・・
やはりこういった道の無いところを行かれるには,GPSが要るのでしょうか・・・
冒険したいなぁ~

森のRIKA+お”様
コメントありがとうございます。
いつも森のRIKA+お”ブログ楽しく拝見し、関心やら納得やらはらはらどきどきやら・・・・・
こちらこそいつも度肝抜かれっぱなしです。今後も楽しみにしてます。
私はいつもお守りをしてくれてるお方が周りにいてくれて、ありがたく「山行き」を
楽しませてくれます。もう少し皆さんと楽しみたいと思ってます。
GPSは地図読みが(コンパス等を使い)私の頭では正確にできないので、清水の舞台から飛び降りたつもりで手にしました。
ありがたい機器ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月オフ会の下見。 | トップページ | 大日岳の鎖場、独占!! »