« 記憶もアテにならない! | トップページ | 今年初の沢遊び。 »

2010年6月 7日 (月)

行者還岳・下りに小坪谷ルート(北山超)

「2010-06-07ofukai.doc」をダウンロード

先日(6日の日曜日)は、私たちの会のオフ会・行者還岳オフ会だった。黒滝の道の駅に朝集合、今日初参加のお方お一人を含め、14名の参加数だった。朝の簡単なルート紹介・自己紹介などをすまわせ西口に車を振り分けて出発した。一台だけ小坪谷の吊り橋の横に置いて、みんなで西口に向かった。トンネル西口は今日もこの時間だと車が一杯。どうにか私たちの4台の車を置いて、登山口よりRyuu君の先導で、Resize0543 沢沿いのつづら折りルートで奧駆け出会いを目指す。尾根に上がり暑さもあったが、心地よい風が吹いてこれから歩く尾根道も、気持ちよく歩けるな~と感じる。しばらく出会いで休憩して、行者還岳に尾根道で向かう。途中山芍の群生地をみながら、行者還岳下の還小屋に着く。Resize0544 そこで前日から掲示板でお知らせのあった、和歌山のHN・kinokuni様と炉端の会名誉会犬・ロッキー君がお迎えしてくれた。西口に車が置いてあったので判ってはいたが、嬉しい歓迎だった。みんなのザックをここで預かり私とkinokuniさんとでお留守番。13名が岳にあがった。約1時間弱でみんなが帰ってきたので、天川辻の横の鉄塔跡の見晴らしのいい個所でお昼ご飯。Resize0548 時間に余裕があったので、のんびり過ごし、充分休憩したあと、今日のメインイベントの北山超ルート・小坪谷道に降りる。当初から急坂と、足の置き場もないぐらいの細い個所もあるが、皆さんこなして歩いてこられる。Resize0552 ゴーロ帯を過ぎ、北側の谷に入る手前の尾根で小休止。これからガレの多い谷に入るので、気合いを入れて再出発。降って小坪谷に向かう枯沢を降りていく。歩きにくいガレ場をどうにか全員小坪谷が見える位置まで到着。Resize0580 手前を右の腹に逃げて細道に入る。ここで足が楽になる。きれいな小坪谷の流れを左にみながら吊り橋を渡り309号に飛び出る。Resize0583 ここでデポしておいた車で西口にみんなの車を取りに行き、分乗して朝の集合場所の黒滝の道の駅に帰り、ここで解散とした。今回特に嬉しかったのは前日沢に行かれお疲れのところ、人数も多いし下りもバリエーションルート?Resize0507 だからと、最近行者還岳に登られ小坪谷(北山越)を歩かれてるのにフォローのために参加下されたタイシさん、同じフォロー目的で女性も多いからと参加下された単独行さん、ryuu 君や重いザイルやカラビナ等のギァ~類を担いで上がってくれた門さんにも大感謝です。何事も無く無事終了できました。皆さんありがとうございました。又、宜しくお願いいたします。

「2010-06-07ofukai.doc」をダウンロード

« 記憶もアテにならない! | トップページ | 今年初の沢遊び。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

(コメントするところまちがえました!・・・おなじこともう1回)

先週のバリゴヤの超濃密な山行の後なので、
3時に下山した時、「これで終わり?」と、いささか物足りない感じがしましたが、
尾根も谷も大峰の新緑と樹林の美しさに圧倒されました。
単独なら、もっとじっくり立ち止まり、味わいながら歩きたい所です。

先週と今週で、おおまかな大峰の山々全体のイメージがつかめました。
ありがとうございました!!
でもやっぱ、みなさんと一緒に歩いただけでは、自分のものになった気がしません。
一回単独で歩いてみないと・・・

お疲れ様で〜すpaper
前日の下見、流石手を抜きませんね〜sign03
また、三週連続の大峰fuji
ご苦労様ですm(_ _)m
金剛が恋しがってますよ〜happy01

今日はムッツリ仕事されてたんですか〜o(^o^)o

私など何のお役もwobbly
上りのペース今回はやっぱ、ネゴロウォーク何ですね〜run
なかなか難しいcoldsweats01

arajin 様
いささか不完全燃焼気味の山歩きでしたでしょうか?
まあ~~オフ会ですし、団体で行動するので、時間は早めに
終われる設定をしています。不測の事態に備えておかないと
陽は落ちるのを待ってくれないでしょう。
あれでも北山越ルートは、前回登った時はほとんど足跡もなく、テープもない中
みんなで登って相当時間が掛かりました。
今回は朝はハイキングルート、午後は昨日の下見ですんなり歩けましたが
何年ぶりかに歩いたら、もう少し時間が掛かっていたか、とんでもないところに
降りて行っていたかも知れませんね。その方が面白かったかな。
だったら明るいうちにどうにか、降りられたかな?

<先週と今週で、おおまかな大峰の山々全体のイメージがつかめました。
とは、さすがarajin 様、私未だに全体像がつかめません。

ryuu 君
当日はフォローありがとうございました。
ルートを逆にしたのが正解だったかな。
前日の下見で下山ルートで細かいところまで、計算できました。
休憩ポイント等も前日に歩いてあとで考えて実行しました。
大人数だったので、慎重にことを運んで正解でした。
兎に角事故もなく予定時間にオフ会が終わり、良かったです。
又、お助け下さいね。

爺々さま、物足らなく感じるのは、下見された爺々さんや先週もRIKOさんと行かれたタイシさんなど、
経験豊富な山の強者(つわもの)に守られているからでしょうね。
同じルートを単独で行ってたら、もっと不安でいっぱいでどきどきはらはらの連続でしょう。
当然試行錯誤しながら歩くので、時間ももっとかかってると思います。
因果なもので、そういうきわどい緊張感がないと満足感が得られなくなってるのかもしれません。

>先週と今週で、おおまかな大峰の山々全体のイメージがつかめました。
この言い草はちょっと生意気ですよね? でも、そんな大それた意味ではありません。
ちょっと雰囲気が分かってきた・・・ていどのつもりです。
これからも、よろしくお願いします。

arajin様
こちらこそ、これからも宜しくです。
若い方々に一時も早く、オフ会の先頭に立って歩いて下さるよう
頑張って頂きたく思っています。
皆様方には充分そのお力と思いやりがあろうかと
思っています。

爺々様
はじめてコメントさせて頂きます。
掲示板どなたもup遅いなと思っていましたら、爺々さまのブログにたくさんupされていました。
このたびは、たくさんの新人女性群のためいろいろお世話かけました。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

6日は早朝からお疲れ様でした。
お陰様で、いっぱいの感動と嬉しさを体感できた、楽しい一日でした。
いつもながら、計画・下見から当日そして後々まで色々とお気遣いいただき、ありがとうございます。

力不足で、いつも皆さまにお世話をおかけしてしまう私で恐縮ですが、私なりにわずかでもお役に立てることがないかと探しながら、皆様と共に安全に楽しく山歩きをしていきたいと思っています。

行き届きませんが、今度ともよろしくお願いいたします。
またご一緒できるのを楽しみにしています。

今回は天候にも恵まれ楽しい山行となりました、改めてお礼申し上げます。
しかも前日の下見も大変御苦労さまでした。
私自身2週連続の大峰(爺さまは3週連続ですね!)となりましたので大変満足しています。
そして赤井谷、弥山川も楽しみにしていますのて宜しくお願いいたします。

こんばんは^^
みなさん楽しんでおられますね♪

この日の下界は、とても暑かったですよ
姫とお兄ちゃんの試合で一日道場の缶詰(汗だく・・・)
お兄ちゃんは、団体2位(一人ケガで欠席の中、1年二人で2位は、立派)個人3位で、お疲れさんでした^^
姫は・・・

まだ、シロヤシオも残っていて、緑が目に鮮やかにかがやいて・・・キラキラに包まれて賑やかに歩いておられる皆さんの笑顔や声も聞こえてきそうです。

また、時間が許せば沢にも連れて下さ~いヾ ^_^

ルミ様
おはようございます。
ルミさんには先日の釈迦ヶ岳?以来の大峰だったでしょうか?
あの尾根道では存分に楽しんでいただけたと、思います。
お天気が良かったし、風も少し吹いてくれて涼しかったし
最高の行者還岳詣ででした。

紬様
最高のお天気で良かったでした。力不足だなんてそんなことは
今のメンバーの中にはいらっしゃいません。紬さんはご立派だと
思います。岩・沢にと講習会などを受けられ、その心意気が中々
真似できるものではありません。お若いですからゆっくり行きましょう。
今後も宜しくですよ。

カッちゃん様、おはようございます。
私はあの天川辻・北山越ルートがお気に入りです。
私の好みはだんだんお判りになってきたでしょうか?
2周連続でしたね。夏は大峰がいいです。少し風があれば
最高ですね。真夏はあまりUO/DNの少ない釈迦ヶ岳辺りが
いいでしょうね。又行きましょう、誘ってください。

よっちゃん様
勇人君(姫も)の活躍、嬉しいです。ブログ拝見してました。
よっちやンところのブログを見てると、私の3~40代の
頃が思い出し、たまにはニンマリしたり少し涙っぽくなったり(笑
私流に楽しんでます。
今回大峰は賑やかでしたよ。又ご一緒できる日を
楽しみに待ってます。

みなさんで楽しめてよかったですね。
下見など、お疲れ様でした。
行きたかったですが、やはり、パワーが残ってませんでした。

奥駈道からの景色がよくて、他の部分もまた歩いてみたいと思いました。

RIKOさん
こんばんは
良いお天気と大人数で盛り上がりました。
全員(私と中野さん(kinokuni)だけ残り)行者還岳に登られました。
尾根道では良い風もあって眺めも最高でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記憶もアテにならない! | トップページ | 今年初の沢遊び。 »