« 秋津州展望コース。(旧新登山道) | トップページ | 17日(土)はまりと二上山に、18日(日)は、イワゴの谷 »

2010年4月11日 (日)

リベンジ、湯ノ又から明星ヶ岳~トップリ尾周回

前回のリベンジに日曜を予定していたが、天気予報の結果、土曜日に変更した。今回も単独予定だったが、取り敢えず土曜日でも空いてる、とぼとぼさんとRIKOさんを、金曜日の夜に誘ってみた。上手く誘いに乗ってくれて、大塔の道の駅に7時過ぎの約束をした。いつものことだが、とぼとぼさんは朝の集合場所に来られていて、道の駅から、今日、私は2シーター・オープンカー(軽四貨物車)なので、とぼとぼさんの車で、湯ノ又まで同乗させていただいた。、湯ノ又には8時頃に着き、8時過ぎには出発出来た。Resize0507 長い坂を黙々と登る。地元の共同テレビアンテナの残骸のあるところを過ぎ、1079Mのポイントを通り、見晴らしが開ける1325M地点に到着。しばらく周りの風景を楽しむ。Imgp2617 ここからは少し岩あり浮き根ありのルートが少し続く。しばらく歩くと1383M地点に着いた。ここからが少し急登に入る。ザレ場を少し上がり、少し急登すると、やや楽になる。Zareba先程からこのぐらいまで、感じのいい尾根が続く。植林がなく、大きなブナも所々に散在する。これから先は急登に転ずる。それに所々で藪こぎが待ってる。グラを右に見て虎ロープがある、坂道を登ると、倒木地帯に入る。ここでROKOさんが、鹿の角を見つけたので、奪い取った(笑。これで2本目だ。Photo この先、オオヤマレンゲの木が左側に広がってる。少し上がると奧駆道に出た。この手前、かなりの急登で老体には堪えた。皆さんの足を引っ張ってしまった。ここまですでに5時間少しかかってしまった。奧駆道の端でお昼ご飯に。20分ほどで下山の相談をしてたら今来た道を、降るのもしんどいし、まだ未知の、トップリ尾を降ろうと決まった。早速高崎横手に向かうレンゲ道を北に向かって歩いた。Photo_2 横手の手前迄歩くと左の尾根状はGPSに境界線があった。それが今から降る、ドップリ尾だ。取り付きにマーキングのテープがあったので、確信してそこから下山した。少し倒木地帯を過ぎて降ると、Resize0529 目の前と左側の尾根に草原が広がってる。ここでも眺めの良い風景に出会えて、みんな感激していた。後で判った事だが、他のサイトでは「トップリ平」と、命名されていた。いい名前じゃないですか。!!Resize0537 この先、少しUPするが、獣道が左を巻いてる様子だったので、それを行ったら、ルートがそれてしまい、軌道修正で少し右に旋回。少し藪こぎで、ルートに戻る。そのあとも、又左にそれて軌道修正。その後は順調に細尾根を降っていく。Resize0539 1042M地点まで降りてきた。ここからは元来右に行くのが正解なのだろうが、尾根は左にも明確に進んでいたので、出発地点へは近道になる、左尾根に降りてみた。GPSで見ると、幾分下りに向かって左に修正とでたので、やや左に降りたら・・・・・・・・・そこからは藪こぎ・檄下り・檄登り・下りでようやく出発地点に到着。時刻はすでに6時20分だった。GPSでは朝の出発地点の近くに来ている状態が判っていたから安心はしていたが・・・・・・最後の30分間程のデータが切れていたのが残念。兎にも角にもお疲れ様でした。約14Km弱・10時間強だった。

« 秋津州展望コース。(旧新登山道) | トップページ | 17日(土)はまりと二上山に、18日(日)は、イワゴの谷 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

歩かれたルート、地図で確認しました。八経ケ岳の近くだったんですね。
写真を拝見すると、とっても気持ち良さそうでうらやましいですね~
こういうバリエーションルートを歩く楽しみは、近場の山でしか経験がありません。
私の場合、大峰山はまずメインルートの奥駆道を歩いてみないと…
おなじ土曜日、わたしは近くの南葛城山の醤油谷を探索してました。
(けっこうおもしろかったです。)

arajin様
おはようございます。今回は前回行って予想はしてましたが、
最後の明星ヶ岳まで登り、かなりハードでした。
それに下りは足の裏が痛くなってちょっと辛いものが
ありました。
途中、arajinさんの話も出てました。電車なら何時ごろこちらの
奈良側(二上駅ぐらい)に来れるんだろうかとか?
一度は御一緒したいですね、私が歩ける間に。

ぜひぜひ、お誘いください!!
でもね~、始発で行っても二上着は6時20分くらいになっちゃうんですよ…
やっぱ無理ですかね~…?

arajin様
今までは、二上山駅に6時10分着でお越しになる方が、おられます。
その方とは、その時間から大峰のハイキングルートに同行していただいた
ことが、ありますよ。次回のオフ会にでもお話ししましょう。他に車でひらって
いただける「案」が、あるかもですよ。

リベンジ成功、おめでとうございます!

「トップリ平」…いい名前ですね。
素晴らしい眺めに、お疲れも癒されたことと思います。

ハードなルートを長時間、お疲れ様でした。

紬様、こんばんは。辛い行軍でしたが、あちこちで癒されてました。
終わったあとは、今回特に充実感で一杯でした。
同行下された、とぼとぼさん、RIKOさんには感謝です。

うわ~、土曜日だったんだ。
空き日だったのに~、なんて(^v^)
でも、そんなに大変な行程なら参加は無理ですね~
最高のリベンジ、おっ疲れ様で~す(^。^)y-.。o○

ryuu君、土曜日にしたんです。日曜お天気が悪そうで、尾根に登っても
展望がきかなければ、半滅ですものね。
明くる日が縦走大会だったんで、お声をかけませんでした。
ところで、大会はどうでした? お仲間のお方もどうでした?

リベンジお疲れ様でした。
土曜日は快晴で汗ばむ陽気でしたね。
そして「トップリ平」からの展望も最高ですね、いつか連れて行って下さい。

私も先回の稲村ヶ岳のリベンジをせねば…。

それよりもチャレンジ登山大会の筋肉痛が… あっ、痛アッ~(笑)。

お疲れ様でした。お世話になりました。
登りの中尾もトップリ尾も景色がいいので、よかったですね。
岩ゾーンと、笹の原ゾーンとあって、楽しめました。

角は玄関の置物(物置?)になりましたか。(奪い合ってません!いらんわ!)

カツちゃん、
縦走大会、お疲れ様でした。
私も土曜日に大峰に行って、あくる日久しぶりに足がだるかったです、
今回、リベンジ出来たのと、付録のトップリ尾が最高でした。

RIKOさん
角、今は玄関の下駄箱の上にあります、
少し磨いて立てて置くようにして、キーホルダー掛けに
なるでしょう。
あのルート、何時か先に行って見たいと思ってます。
今以上、元気なら・・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋津州展望コース。(旧新登山道) | トップページ | 17日(土)はまりと二上山に、18日(日)は、イワゴの谷 »