« 3日はまりと二上山。 | トップページ | リベンジ、湯ノ又から明星ヶ岳~トップリ尾周回 »

2010年4月 9日 (金)

秋津州展望コース。(旧新登山道)

葛城山の櫛羅の滝ルートが台風のため決壊。その復旧の目途がたたず、向かい側の北尾根のルートが復活した。以前、櫛羅の滝ルートが、これも台風で決壊したとき、一時的に使われたことのある、この北尾根ルートが、2回目の登場となった。私は以前から、このルートを使えばいいと思っていたが、何の都合で通行止めに、なっていたのだろう?。Dsc04648 今回は以前の入り口から(不動寺の東側)大分西に上がったところになった。つまり、不動寺の裏側は通らなくなった。Dsc04649 入り口は、相当急斜面を、一気に上がって以前のルートに取り付く形になっていた。すでに、この近辺から東側、すなわち御所市が売り出す「秋津州展望」だ。櫛羅の滝ルートに比べると、明るく展望がいいのは、比べようがない。少し上に行くとベンチも設置してあり、展望を売り物にするだけあって、結構御所の町並みが見下ろせる。Dsc04658 「御所市が神武天皇の即位の地への熱い思いが感じ取られる」と、今日同行させていただいた、剛友会名誉会長・根来春樹氏が言っておられた。師は、何度も今回のこのルートについて、御所市の観光課にお聞きになったり、お話をなさっていらっしゃいました。師は歴史もお詳しく、私なんぞは何時も言いますように、右から左だが、お聞きするのはなんだか楽しい。この日、根来様に同行したものは6名だったが、初めてこのルートを歩いた方が4名おられたDsc04659 。奈良側の登山道にしては、抜群の展望に皆さん感激なさっていた。この金剛・葛城は、植林が多く展望を望むルートが、少ないからだろう。尾根の先端を歩くようになって、分岐点に来た。まっすぐ行けばダイトレに。左に降りれば、カントリ谷を渡って、自然研究路・遊歩道がある。Dsc04661 昨年、久しぶりに、この尾根道を歩いたが、この分岐から遊歩道に入れる状態ではなかったが、今は整備されて、遊歩道にはすんなり入り、斜面にはカタクリの芽も出てきているのも、見ることが出来た。Dsc04662 分岐から遊歩道に入りケーブル駅の少し上に取り付いて、白樺食堂に向かってお昼ご飯にした。丁度12時だった。お天気がよく、白樺食堂のテラスをお借りした。午後はダイトレを北上して「学校山」の標識のある、今は「秋津州展望コース」の標識が設置してある。Dsc04677 そこをケーブル下駅に向かって、整備された道、展望を楽しみながら又うっすらだが大峰辺りの山並みを見て、山座同定を楽しむ。今日はのんびり、ゆっくり歩きで、根来さんの次回改版される本の原稿作成を兼ねての同行登山だった。今は忘れましたが・・・・・有意義な講義を兼ねた登山、同行された皆さんは、お喜びでした。皆さん、根来様ありがとうございました。

« 3日はまりと二上山。 | トップページ | リベンジ、湯ノ又から明星ヶ岳~トップリ尾周回 »

葛城山」カテゴリの記事

コメント

このルートいいですね、また登りたいです。
でも駐車料金が少し気になりますが(笑)。

今回も根来名誉会長様の色々なお話を聞く事が出来て良かったです。
またこの様な機会があれば是非お願いします。

カッちゃんさん
あのような機会はよくあります(根来氏と同行登山)。
炉端の予定表、オフ会ではありまんが、掲載してます。
又、ご一緒しましょう。
もうスタートしたかな、チヤレンジ登山。頑張って!!。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3日はまりと二上山。 | トップページ | リベンジ、湯ノ又から明星ヶ岳~トップリ尾周回 »