« 雨の土日に。 | トップページ | 土は草刈・日は例会・祝は福寿草。 »

2010年3月15日 (月)

登山者が少ない葛城山奈良側ルート。

土曜日は朝からすっきりしない天気だった。先日にお約束した『未満』様と、葛城山の探索に出かけた。取り敢えずは太田集落から弥宮池に登り関電道でダイトレに行こうと取り付いた。Resize0373_2 このルートは2年ぶりかな。鉄塔を目指して急坂を登る。関電道だから割合整備されてるのがありがたい。と、言っても階段や手摺りがあるわけではないですよ。自然そのものの浸食された所や石がごろごろしたルートだ。自然そのもので雰囲気がいい。近頃、巷では階段が整備されていたりするルートが良いルートだそうだが・・・・・・つまらん。Resize0376_2 そんな自然の中を上に上にと上がって行く。途中から先日まりと二人で降りた久保の集落に降りるルートにジョイントする。さらに浸食されたU字型の道で高度を上げる。42番の鉄塔の下に到着。この先に岩橋峠に通じるルートと久保辻に通じるルートの辻を久保辻に向かった。Resize0395 どちらもダイトレに通じるが、今日の目的のルート探索に向かうため南に進路をとった。久保辻に向かい、すぐに右上に上がるルートがあるのでこのルートをとり、ダイトレに出てみた。出たダイトレを少し降ると久保辻に、ここは布施城跡からのルートだ。まだしばらく南に進む。持尾辻に到達する手前を西に折れて持尾集落に降りるルートがあるが、そこをグルッと一周して再びダイトレに出るルート探索に入ってみた。途中のダイトレに行くルートが(左折れ)見つからずだんだん下に向かってしまう。GPSで確認したらやはり降りすぎ、尚かつルートが消えてしまった。再度引き返しそれらしい入り口を見つけて木をかき分けて入ると、先ははっきりしたルートがあった。又途中に持尾辻に上がれるかな?って思う個所があったが、その分岐個所がはっきりせず取り敢えず直進してみたら今度は右に降りる個所に出た。ここでやっぱり引き返し先ほどの分岐が正解かなと感じる。ここで意外な発見、文字は見えなくなっていたが、剛友会の標識が!!。Resize0398 これで持尾からのルートであることを確認!私は引き返し持尾辻に帰るルートをとる。未満さんはここからダイトレに尾根を直進された。お互いダイトレで落ち合い次に向かう一本松に進む。時間は1時過ぎていたが、少し風があってダイトレから奈良側に少し降りた地点で食事することにした。すぐに一本松の分岐に到達。ここからは山麓公園に下りるルートの分岐点だ。Resize0400 この幾らか奈良側に進んだところで食事したが、すぐに身体が冷えてくるので長居せず出発だ。先ほどのダイトレの分岐から山麓公園に下るルートをとると、左右に分かれる分岐に出るが、今日はその分岐を山麓公園に下らず左にとって下りる。これが今日の探索目的ルートだ。未満様が「一本松 ~寺口ルート」と命名された。結構感じのいいルートだった。Resize0412 先ほどの分岐からすぐに大きく綺麗に左右に分かれた箇所に出た。国土地理院の破線では最後標高450M位で再度合流することになっていたので、ここでも未満様と左右に分かれて降りることにした。私が右の、未満様が左のルートに。私のとったルートは大昔にある思い出のあるルート(まりとダイトレから道なき道を進んで・・・・・・・今歩いてるルートの途中から入った)だと気付いた。深く侵食されたU字型の道だ。Resize0445 以前も荒れていたが、今も少し荒れてる?かな、急坂だ。うっすら記憶をたどりながら下山した。降り立ったところは、布施城跡ルート登山口のすぐ下で、やはり記憶が正解だった。Resize0455 しばらく未満様の降りてくるのを待っていたが、時間が迫ってきたので、降りてこられるであろう川筋に上ってみた。すぐに未満様と会えて二人でもう一度先ほどの布施城登山道入り口まで降りた。結局国土地理院の破線ルートは見つからなかったし見当たらなかった。Resize0456 よって未満様はとんでもない 下山を強いられた感じだった。かなりの斜面を沢に降りられ対岸の作業道を降りてこられたところで、出会った。お気の毒なことをした。笑い話ですんだが、考えさせられた下山だった。

今回の弥宮池から関電道のルート案内は

http://homepage3.nifty.com/nara-takada/katuragi-ootayamiyaike-kubotuji.html

明くる日曜日の快晴だった日に、とぼとぼさんと次週に開催の剛友会例会のコースの下見に行ってきた。東覚寺~ダイトレ~鎌ノ刃尾の一周してきた

« 雨の土日に。 | トップページ | 土は草刈・日は例会・祝は福寿草。 »

葛城山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の土日に。 | トップページ | 土は草刈・日は例会・祝は福寿草。 »