« いいお天気に、 | トップページ | 百々川に »

2010年1月17日 (日)

剛友会・例会に

今日、剛友会の例会に参加してきた。32名の参加者があった。水越峠からカンドガコバ林道~カヤンボ小屋~カヤンボ谷を上がりサネ尾周回路に取り付き、最後はモミジ谷東尾根に登り山頂にのコース。快晴!谷は適度に雪があり多少凍ってる個所もあった。10Mの堰堤では5つの各梯子にフォローする人を配置していただき、女性らも安心して上がっていただけた?かな。全員クリアーされて、あとは適度の雪の中の谷を上がっていく。本流は倒木がいっぱいなので、最近は突き当たりの尾根の右側に上がるルートが多くなってる。源頭部まで上り詰め、左の尾根に上がる。以前はそこから白雲岳の西側のダイトレに上がっていたが、今はその尾根を右に上がって、サネ尾根周回路に取り付くのが主流になっている。今回もその雪で歩きにくくなった急坂尾根を上がっていく。ようやくその周回路に、ここで12時になったので昼食になった。30分ほどで切り上げ周回路を進み、モミジ谷東尾根に上がって、山頂にたどり着いた。少し山頂で過ごし、下山は本道を降りる9名のグループと太尾東尾根を降りる23名のグループの2つに別れ降りた。

« いいお天気に、 | トップページ | 百々川に »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

もしかしてその団体の先頭を歩かれてたのは爺々さんでしたか?

わたし、山頂からモミジ谷道の尾根道を下りかけていた時、30数名の団体さんに遭遇しました。
モミジ谷道でこれだけの団体に遭うのは初めてなので、どんなルートを歩いて来たんだろうとその足跡を辿ると、サネ尾周回路の方へその足跡は消えていました。これだけの人数でこんなマイナーなルートを歩くなんてどこの団体だ…と不思議に思っていたのです。
先頭の方がなんとなく爺々さんの面影に似てたのでまさかな?と思ってたのですが…びっくりです!!

私はツツジ尾谷を詰めの谷から上がったものの、物足りなくて、登り返しながら雪景色を楽しむためにモミジ谷を本流との分岐まで下るとこでした。

モミジ谷の自然林の雪景色は私のお気に入りです。あまり人にも会わずほぼこの景色を独占できるのは最高です。モミジ谷までの林道歩きと前半の余り魅力のない道を省略して楽しめるので、私はもっぱらこの方法でモミジ谷を楽しんでいます。

こんばんは、私の前を下られてから気がついたのですが、こちらの人数が多くて、それを引っ張ってましたので、お声をかけずにいました。今回も少し皆さんに(剛友会)冒険していただきました。私達の受け持つルートはマイナーなところが多く、皆さんに楽しんで?いただいてます。昨年の冬はヒロセ道に少しARAJINさんのお気に入りのイワゴの谷を歩いていただき好評?(笑 でした。
少し前もモミジ谷を歩いていただいたり、今の剛友会の皆さんにもマイナールートを知っていただきたいと思っています。もちろん炉端の会のメンバーの方々や剛友会の名誉会長の後ろ盾があるからなせることです。今回も剛友会の理事の方々や炉端の会のメンバーにも、助けていただきました。
しかし、ARAJINN様の行かれた真冬のモミジ谷は、存分に楽しめますね、又まりと二人のんびり歩いてみたいと思ってます。
今日は満足にお話も出来なくて申し訳ありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いいお天気に、 | トップページ | 百々川に »