« 朝原寺跡の道 | トップページ | 本年最後は。 »

2009年12月27日 (日)

クソマル谷に

本日の日曜日、とぼとぼ様とクソマル谷に行ってきました。私たちの会のオフ会がこのルートで近々行われるので、先日すでにとぼとぼ様が下見と倒木などの整備をして下さった。私も状況が知りたくて再度とぼとぼ様と、二人で上がって見た。。Dsc03986
やはりルートは少し変わっていた。山抜け個所は登山道より入り、林道の最後の橋を渡ってから谷を右下に見て、かなり高い所を進むその個所、最後に谷に入る所があるがその先が山抜け個所だった。いつも谷に入る個所もその山抜け個所だった。Dsc03987
で、その手前を谷に入るようになった。(文面では判らないでしょうね)兎に角最後の橋を過ぎて谷に入るがそこから約20分過ぎた頃ですね。あとはやはり今まで流れがなかった個所に流れが出来ていた所も一個所あったりしたが、相対的には今までと大した変わりは無いように思う。谷の最深部は思ったよりガレがきつくなっていたのと、土が絡んで歩きにくくなっていたかな。Dsc03988
土、石が絡んで尚も水が含んで谷の最深部は要注意だな。大袈裟に言えば土石流になるかもしれない。そんなことを考えながら、ダイトレまでの植林の中を息を切らして登った。1020M付近だ。二人で千早園地に行って日差しが暖ったかだったんで、ベンチで食事した。Dsc03991
あとは引き返し久留野道(三本松道)に降りて朝の車の場所に着いた。三本松道はきれいに掃除をされ、気持ちいい登山道になっていた。ボランティアされてるお方に感謝!。とぼとぼ様、2日間の下見にも感謝!

« 朝原寺跡の道 | トップページ | 本年最後は。 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

クソマル谷にも山抜け箇所がありましたか。
私はイワゴノ谷に行ってきましたが、台風の流木・倒木と土砂で谷の様子はだいぶ変わっていました。
とくに、二つめの大滝の手前にかなり大きい山抜けがあり、谷を埋めていました。
3回目のイワゴノ谷ですが、爺々さんの黄テープ頼みの溯行でした。テープがなければ滝の巻き道をあれこれためしたあげく体力を消耗しそうです。やはりイワゴノ谷は金剛山で一番ワイルドなルートですね。
最後の三俣は左を行ってみました。意外とあっけなく伏見道に出たのは拍子抜けしました。爺々さんのルート案内のとおりでした。

arajin様 こんばんは。
イワゴノ谷に行かれましたか。状況がある程度判って、ありがたいです。
あの滝の手前でしたら、幾分谷も狭くなってる箇所ですね。だったら余計山抜けは
困ったもんですね。

三俣の左超えは私も時間切れや疲れたときに、使います。足元もよくブッシュもないし、一度猪と競争しましたが(笑

>やはりイワゴノ谷は金剛山で一番ワイルドなルートですね。
そうでしょうね、あとは百々川、クソマル谷でしょうか。

 クソマル谷もご多分に漏れず、凄い山抜けですね。
下見いつもありがとうございます。

 野暮用があるかも?で参加表明させてもらっていませんが
ドタ参お願いするかも?
その節はどうぞよろしくお願いします。

こんばんは、
すっかり恒例になりました?」
ヨッピー様、お待ちしております。
特に昨年はサポート、有難う御座いました。
ドタ参でも結構です。宜しくお願いいたします。


こんにちは。
「クソマル谷ルート」お写真で拝見する限りでは結構荒れてますね。
私も同日「石ブテ東谷ルート」で登りましたがこちらの方も結構荒れてました。
今度のオフ会 宜しくお願いいたします。

katsuyuki 様
こんばんは、クソマルはこの画像のところだけで
あとは大したことは無かったですよ。
それより東谷が気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝原寺跡の道 | トップページ | 本年最後は。 »