« 大台のシオカラ谷遡行 | トップページ | またまた双門に »

2009年9月 6日 (日)

土は休み、日は先輩方と葛城山。

近く催される「剛友会創立35周年記念」に35ルートを会員がどのルーとかを歩くことになっているがその中に葛城山の古道、長尾道・北山道・コナタ道の3道が私たち山仲間が受け持つことになった。早くに「と歩さん」が受け持つ「長尾道」を倒木・藪刈をすまわせておられ、今日私たち受け持ち箇所の藪刈・倒木の片付けのお手伝いをして下さった。先週にコナタ道に整備のために入って下されたRyuuさん。知らんかったんです。Dsc02433
すいませんでした、と言う事で今日の日にと歩さん・Ryuu君・私の3人で行くことになった。九品寺の駐車場に行ってみるともうすでに皆さんがおこしになっていた。私がどん尻だ。車が一台多い?白の大きな犬が!KINOKUNI様だ。わざわざ和歌山から応援に来てくださった。ありがたい!!。挨拶もそこそこにコナタ道に入る。やっぱり予想していた箇所の藪刈は手間がかかった。後はほんの少し手を加えながら追分まで。さらに癒しの森を目指し少しだが4人の選定はさみが動く。ダイトレに上がり白樺食堂に入って食事。調度1時だった。食堂のテラスでは「ロッキー君」大モテ!!ゆっくりして来た道を下る。Dsc02432
今度は追分まで下って「北山道」を下山。ここも藪刈をしながら降りていく。コナタ道より大きい藪はなかったが小さな藪刈が続く。どうにか登山口まで降りてきた。蓮畑を見ながら九品寺の駐車場に帰ってきた。5時調度位だったと思う。皆さんご苦労様でした。しかし今日も暑かったですね。早く帰って風呂に入ってすっきりしたいと家路についた。朝出る前にまりが「おいとくんか?」って顔つきで表に出てきたが今日は行かなくてよかった。風もなく暑かったよまりちゃん。

« 大台のシオカラ谷遡行 | トップページ | またまた双門に »

葛城山」カテゴリの記事

コメント

藪刈りボランティアありがとうございます。
金剛山の登山道はあらかた歩き尽くし、
涼しくなったら葛城山の登山道に挑戦したいと思っています。
ありがたく整備された道を歩かせていただきます。
またお会いできたらうれしいです。

ARAJIN様
こんばんは、
金剛山登山道は制覇されましたか。
お若いからピッチが早いですね。葛城山は金剛山と違った雰囲気がありますよ。存分に楽しんで下さい。お会いできることがあればお声をかけてください。では。

暑くって大変でしたね。
笹薮が思ったより道を塞いでいたのには
ちょっと驚きましたが、無事開通できましたから、またたくさんの登山者に利用されると良いですね。
お疲れさまでした。

こんばんは、とぼとぼ様
今年の2月の初めに同じ日に偶然コナタ道を登りましたね。その時はすんなり通れたあの藪も昨日はぎっしり詰まって一番初めにコナタ道を発見し、すぐに整備に二人で出かけ難儀したことを思い出しながら進んでいました。あの箇所は毎年刈らなくてはいけないみたいですね(笑。

葛城山登山道挑戦の手始めに、
水越峠からダイトレ途中まで登り、クラハラ道をゆったり奈良県側に下って、
北山道・長尾道・コナタ道のいずれかを登ってみようかと計画しています。
ちなみに爺々さんは同じ追分に合流するこの三道のうちどれをいちばんお好きですか?
登山道案内を拝見した限りではコナタ道が自然林が多そうで気持ち良さそうに思えたのですが…

ARAJIN様、こんにちは。
あの4道ですが、今の旬「クラハラ道」は、藪ってると思います。ARAJINさんのことだから大丈夫と思いますがちょっと歩きにくいかも知れません。
後の3道では個人的に「コナタ道」に思い入れがあります。以前この4道の中で一番苦労して探し当てたルートだからです。何度もややこしいテープに悩まされては退却したりしました。追分まではどのルートも登山道らしくないルートです。しいて言えば「北山道」が良いでしょうか。私にとってはこの4道、どれも懐かしい思い出のあるルートですね。答えになってませんね。すいません。最後に追分からダイトレに上がる手前の笹原の林には疲れも吹っ飛ぶ「癒しの森」と呼んでます。お気をつけて楽しんできてください。

北山道登ってみます。
おっしゃるとおり、追分からの笹原の森は感じ良さそうですね。楽しみです。
ありがとうございました!!

こんなところで何度もやりとりしてすいません。
9月にしてはめっきり涼しくなった気候に誘われて、今日行ってきました。クラハラ道は、おっしゃる通り激ヤブでした。ダイトレの分岐からすぐ藪が始まり、4~5か所ヤブで立ち往生しました。藪で踏み跡を見失い、撤退の2文字が頭に浮かんだ所もありましたが、爺々さん手作りの道標に勇気づけられ、何とかクリアしました。吐田平の開けた景色が目に飛び込んできた時はちょっと感動でした。
北山道は、藪も刈られクラハラ道にくらべて天国でした。ダイトレ手前の笹原の森はおっしゃる通りの癒しの森でした。
ちょっと地図を見ていて気になったのですが、この自然林の続くクラハラ道とコナタ道の間の谷って沢登りできないのでしょうか?どうでしょう。

ARAJIN様
お返事遅れて申し訳ありません。
昨日の弥山川・双門の滝・幻の石の総門行きが老体に堪えたのかちょっと体調を崩してました。医者の薬が効いたのか先ほどPCのSWを入れました。
さすがArajin様
この時期のクラハラ道は難しいと思いましたがきっと歩き通してくださると確信していました。あの谷のことは入ったことがないのでわかりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大台のシオカラ谷遡行 | トップページ | またまた双門に »