« 新しいパソコン | トップページ | 2年ぶりの妙見谷に »

2009年8月 3日 (月)

気になるまりの歩き方!?

先日来まりの歩き方が少しぎこちなく見えてきた。前からあった右脇の脂肪の固まりが大きくなってきてなんだか気にしてる様子だ。以前にその固まりの検査はしていてOKだったが大きくなって目立つようになってきたし少しそれが邪魔になってるように右足が動くので周りの神経などを圧迫しないかと素人の考えで心配になり金曜日の朝に電話を入れて土曜日の午前中にいつもの奈良市内の中山獣医科医院に行ってきた。再度注射でその部分を採取してくれて検査、Katuraginomari_1
と先生の手の感触、以前撮ったレントゲンを見て「まりちゃん気になるようだけどこのままで大丈夫ですよ、手術してもいいですがいつも言うように心臓がね~。」と、言う言葉を頂いて安心して帰ってきた。それにしても今の季節だからどんな達者でもツライ日々が続くがもう少しで満13歳になるまりも動きが鈍く心配。ご飯の時は今までの元気のよさで動き回るのでそれだけでも安心かな?同級生の金剛山のタカ丸君や近所のマリヤンやお向かいのぺロちゃんも・・・・・段々周りのワンちゃん達がいなくなり寂しい今日この頃だ。

« 新しいパソコン | トップページ | 2年ぶりの妙見谷に »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

まりちゃん心配は要らないと思います
私も右足の付け根に大きな固まりが10年来有りマダ生きています 笑い
お腹、手、腹などに数十有ります
手術しようか迷ってはいますが、

人間と犬の寿命が違うのは、判っていても一年ごとに淋しいですね
私は、初めて小学3年生の時に自分の犬として責任持ってしつけなさいと、父親から半強制的にプレゼントされました(苦笑)
(それまで散々、多種多様に飼ってきて、そろそろ親戚や母にうるさく言われる様になったので、娘に飼わせる言い訳を思いついたのですね!!何でも見た物を持って帰ってきました。ヒナを見つけてはポケットに入れておいたり、畑で蝶の卵を見つけたら農家さんにわざわざ断って周りの葉っぱごとむしらせて貰って、箱に入れてみたり、困ってると聞くとどんな ワンコでもひきとって・・・・それが嫌で正確の神経質だった元々のワンコが、家出したり、日本猿も・・・最後は、座敷ドーベルマンでした。これには、参りました。)

前置き長くなりましたが、本当に寝食を共にし癒してくれるかわいいワンコ達との別れは、辛いです。
夏休みになってから姫にせがまれペットしょっぽ通いが続いてます。
目的は、ワンコと遊ぶ為です。アレルギーがひどいのでまだ飼えません。

今日、金剛山で小さな柴犬に会いました。14歳とのこと。ヒヤヒヤしたけど、登ってくれたと喜んでられましたよ。うちの犬も12で力、尽きたのでまりっぺも心配ですが、G様にとっても愛されているので大丈夫ですよ。最近、南極物語 見て犬の人生もイロイロなんだなと複雑です。でも、タカマル君とまりさんは、幸せですね。タカマル君も一生懸命生きてくれたのでしょう。

ショウタン様
それほど気にはしてなかったんですが
大きくなってきたような気がして
その周りを圧迫しないかと思い
先生に診てもらいましたが
ショウタンさんの場合はお医者さんは
どう言ってらっしゃいます?
出来ることなら手術はしたくないですね。

ママさん
私もこれで何代目かのワン公ですが
何時か別れが来るのがつらいですね
私も小さいときひばりが家で死んだのが
ショックでした。
父親に練った餌を作ってもらい与えて育てたんですが・・・
犬が好きな「姫」は気持ちのやさしい
お子さんです。

犬 好き様
柴犬で14歳とは・・・
どのルートを登られたのかは知りませんが
かなりの高齢なのにこの暑い中頑張ったんでしょうね。
うちの3匹はクーラーの部屋でスヤスヤです。
犬を題材にした本や映画は大抵悲しいものが多くて、
南極物語も昔見てそれから見ないようにしてます。
少し前も新潟のまりちゃんの本も初め読んですぐ止めました。
犬がヘリコプターを追いかける状況を考えただけで・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいパソコン | トップページ | 2年ぶりの妙見谷に »