« 土はまりと、日は神童子谷遡行 | トップページ | 土日は勉強会。 »

2009年6月20日 (土)

今日はサカモギ谷遡行

6月20日(土)
南葛城山の北斜面を流れるサカモギ谷に行ってきた。久しぶりに岩湧山方面だ。夕べ携帯が鳴って私の知らない番号からだった。兎に角開けてみたら「だんちょ様」からだった。【注:だんちょ様=和歌山のショウタンさんらのグループのリーダー的存在の方だ】「急でなんですが明日ショウタンさんとサカモギ谷に行くんですが行きませんか?」「お願いします」の二つ返事で朝、落ち合う場所と時間をお聞きして電話を切った。その後メールが届いているのに気がついた。急いで支度をして寝た。朝、集合場所に行ったら早くも駐車する場所を下見して帰ってこられた。早速駐車できる場所まで行きサカモギ谷の入渓場所に急ぐ。支度をして入渓。徐々に高さを増す滝がいくらも現れ巻いたり直登したりで最終ガレ場までたどり着く。一般登山道までごく僅かだがここから谷を降りることに。高い滝は懸垂下降しながら下がっていく。登りと違って懸垂下降は早いし気持ちいい!!すぐに高い滝を全てクリアー。後はゴルジュ状の箇所が現れこれを降りればすぐそこが入渓場所だ。今日の遡行ピストンは大変勉強になった。今まで懸垂下降はエイトカンだけで降りていたがだんちょ様や権様ヨッピー様が言われるプルージックを併用することでより以上安全が確保されることを思い知らされた。090620_2
と、いうのは下降しているときに小さい石だと思うがヘルメットを直撃して左の耳を霞め左の肩にも当たり?(帰って風呂で発見。あざがあるし少し痛かったが岩や沢での何時もの打ち身と思っていた・・・)もし大きな石であったら意識をなくしてザイルから手を離していたら下降器だけだとまっさかさまに落ちてしまう?プルージックを併用してたら止まってくれる(安心!  の図を初めて実感した。今まで下降はエイトカンだけで降りていたがそんな考えはこれからは一切捨てて真面目に邪魔くさがらず、きっちりやっていこうと肝に銘じた。歳とってるのに生意気な考えで頭を打って考え直す・・・情け無い年寄りです(恥・・・・・。
(写真はショウタン様の御提供)

今回もお世話になった、だんちょ様のブログは↓
http://yamaaruki.jp/Entry/39/

同行のショウタンさんのブログ↓
http://white.ap.teacup.com/syoutann1/95.html#readmore

« 土はまりと、日は神童子谷遡行 | トップページ | 土日は勉強会。 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

うわー、怖そうですが気持ち良さそうですね。
(どっちやねん!)
安全策を重ねるのは大事ですね。
命あっての山(沢)歩きですもんね。
私もはよ環付買わなくちゃ。

ソウルさん
>命あっての山(沢)歩きですもんね。
ソウですよね、命あっての「うろん喰う」=「楽しい山歩き!」ですよね。
昨日は本当に考えさせられました。
今日は雨の予報だったんで一日家にいました。残念!!

いろいろ内容の濃い沢行きでよかったですね。
懸垂下降、いつもエイトカンのみで、スルスルでしたもんね。確かに、下で誰もロープを持っていてくれなかったら、落下しますよね。
アザ、なかなかひけへんでしょう~(年いくと)

今晩は、あの時ヒヤッとしました
私もここ二回頭に直撃を受けていますが、マサカ自分の懸垂ロープが落石を起すとは思いませんでした
安全策は大切とつくズク思いました
でも同い年ながら身の軽い爺々さん、参りました。

見た目のカッコよさより安全を確保する方が大切ですよね。ゲレンデでの練習ではなくて山中での実戦は何が起こるか分からないということで、勉強させられました。
今日は疲労回復のため一日中家でゴロゴロしてました(^^;

爺々様
最近はずーっとこれですね!!
羨ましい限りですわ!
私は今日は家でお留守番

来週は又どっか行くんですか?

その前に装備を揃えな何も無いですわ。

RIKOさん
昨日は本当に中身の濃い一日でした。
何時も真剣な私ですがそれに輪をかけて
真剣になってました。
アザはもう少しで消える?かな。
(アザの下の打ち身が痛い!)

ショウタンさん
お陰で頭がすっきりしたような
感じですは(笑
冗談はさておいて後で「コワ~~」でした。

だんちょさん
びっくりすることや難しいことが次々
出てきてその都度お世話・アドバイス
有難う御座いました。
お陰で内容の濃い一日を過ごさせて
頂きました。

単さん
ここんとこ毎週、岩・沢ですね。
夏は暑いので沢はいいですよ。
来週は岩の講習を受けに行きます。
大分前から申し込んでましたので楽しみです。
今年の夏は一緒に沢歩きに行きましょうよ。

 落石は怖いですね。大事に至らなくてよかったですね。
 丸滝谷で練習をした時も、ロープの擦れでガレがよく落ちて来ていましたね。

 沢で人数の多い時は皆がブルージックをしていると、遡行に時間がかかるので

下の人がロープを持っていて何かあったときは引っ張るのが手っ取り早いですね。

 でも岩で何度も昇降の練習をしているとつい横着してしまいます。

何かがあって始めて肝に銘じますね^^;

おはよう御座います
以前、権さんやヨッピーさんが言ってらっしゃった事項ですがつい親しすぎて「別にええやん」とか「今日はOKで」とか、施さないのが本当にしてはいけないことと肝に銘じました。あの蓬莱峡でアッセンダ~を落としてから習うことが多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土はまりと、日は神童子谷遡行 | トップページ | 土日は勉強会。 »