« 追分で偶然に3人が・・・・・ | トップページ | 祝日の11日は弘川寺から葛城山。 »

2009年2月 8日 (日)

葛城山の北山・クラハラ道に

今日天候がいい中、剛友会の例会に参加した。陽が出ればまるで春のような陽気だ。今日のルートは昨日Beさんととぼとぼさんとで行った同じルート、会のリーダーはBeさん、サブは根来名誉会長と私が仰せつかった。と、言っても私は最後尾を着いていくだけだが。九品寺の駐車場まで御所の駅からタクシーで乗り入れこの場所で朝礼。その後北山道登山口から登る。ゆっくり、休憩も適度に取りながら登っていく。途中の処理しても少し間が空くと又倒木の出る箇所、ほんの少し前にとぼとぼさんが処理してくれて全員跨ぐことなく潜って通ることなくすんなり通らせていただく。「有難う御座いました」。やがて追分・癒しの森に到着。12時には少し早かったように思うがここでお昼に。日当たりもよく風も無く快適に過ごし今度は山頂を目指し、折り返しダイトレを水越峠方面に下る。その途中から左に折れて今日のメインルートのクラハラ道を下山。昔の生活道路らしい、弘川寺(河内)方面に下りていたらしい、大和・河内のジョイントの一部ルートだったとか聞いた記憶があるが。そんな歴史のあるルートを最近復活できたのが嬉しい。九品寺に下りていく、自然林と植林の境目を延々と歩く。下に下っていくと植林の中を通り「吐田平」に降りつくが今日のリーダーはその手前を直進して谷に下りて、コナタ道や長尾道の登山口の前を通り林道に出るルートをとられた。すぐそこが九品寺だ。九品寺の上で今日の解散となり、ここから御所の駅に向かった。090208_gkai_36

今日、感激したことがあった。当例会に参加されてる中で、あの同じルートを御歳85歳の○様がおられたことだ。「バランス感覚が・・・」と、仰いましたが中々どうして、昨年大峰・八経の帰りに82歳のお方を話しながら降りてきたことがあるがまだそのお方より3つも歳が上だった。まだまだ「私たちはひよこですね」と名誉会長の根来さんと話した。会長はその方より1回り年下、私がその一回り下。○様は元気だな~~~。私も末永く歩けるようにガンバロ~~。

« 追分で偶然に3人が・・・・・ | トップページ | 祝日の11日は弘川寺から葛城山。 »

葛城山」カテゴリの記事

コメント

癒しの森で、お昼ご飯、おいしかったでしょうね。
85歳で、お元気なのですね!爺々さんが、ひよこなら、私は玉子ですわ~

>私は玉子ですわ~

そんなこと無いやろ~♪♪

85歳びっくりしました!!

私より2回り年上。

私、85歳まで生きてるやろか??


 はじめまして。貴「HP」金剛葛城の山行きに参考にさせていただいています。ありがとうございます。
 さて本日「クラハラ道」登ってきました。ネットで他の方の山行記を見ますとみなさんすいすい登られているようですが、私のレベルでは大変苦労しました。一度道を間違えてU字溝のなか倒木を30ほど潜り流石にこれは(テープがあっても)いまは廃道だなと気付いて後戻りさせられたのが最大の失敗でした(汗)。今日は葛城山頂も、ほんとうは晴れのはずが黄砂の影響でしょうかどんよりと曇り空のような天気に見えました。

jack77betty様
よくお越し下されました。クラハラ道は日の当たる箇所はすぐに
ブッシュになり、初めてでしたら苦労なさると思います。
出来る限り皆さんに歩いていただき、古道を復活、残していきたいと
願ってます。jack77betty様初め皆さんに歩いていただいて嬉しく
思っています。

 じーじさん、こんばんは。その後の投稿を拝見しますとご経過がとても良さそうで安心しました。どうぞお大事になさってください。
 さて、前回の続きを少しだけお許し下さい。あの日はクラハラ道を抜け、水越峠からの道と合流し頂上についた後、御存知の通り現在深谷道が通行止になっていますので、北尾根道を下りました。
 実は葛城山に初めて登ったのが20年以上前だったと思いますが、偶然その時も水害で本道の深谷道が通行できず代替ルートと登山口に案内の出ていた北尾根道を往復したことを思い出しました。なおこの時の北尾根道は、(当然ですが)じーじーさんが「葛城登山道案内」に載せておられる旧道の方です。

jack77betty 様
皆さんにメール等で激励いただいて、私も頑張ってます。
今は 秋津洲展望コースと 名付けられた北尾根、以前は登山口が
お寺の裏側を通って入るルートでしたね。
通行止めの看板のところは藪で歩けませんから・・・・。
私はお寺の墓地を抜けて入るようにしてました。
あのルート、私は好きです 趣のある道に思うのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追分で偶然に3人が・・・・・ | トップページ | 祝日の11日は弘川寺から葛城山。 »