« 復帰第2弾は | トップページ | 今日の土曜日は »

2008年10月19日 (日)

兜岳ー鎧岳ー亀山峠ー二本ボソー倶留尊山

兜岳ー鎧岳ー亀山峠ー二本ボソー倶留尊山に行ってきました。以前から山仲間のタイシさんにお願いしてたのが19日の日曜日に実現した。タイシ様の案内でとぼとぼ様・RIKO様と私の4人。先んずの予定は兜岳から鎧岳でゆっくり鍋をして降りてくるってことでした。で、9時に大宇陀の道の駅に集合。此処でタイシさんから兜・鎧岳に関するし資料を戴く。即出発!!。兜岳の登山口目無し地蔵に到着。植林の中の急坂を登っていく。案外急坂でこたえるがタイシさんは相変わらずスイスイと何事もないようにすぐ見えなくなるぐらいに登っていく。081019kabutoyoroita_33
私は相変わらず諦めモードで自分のペースで登る。どうにか山頂に。記念撮影して今度は兜岳に。激下りで峰坂峠に今度は激登り、鞍部に登りつめ右に折れると兜岳山頂だった。此処でRIKOさんがラーメンを作ってくれる。タイシさんがRIKOさんお持ち下された具以外に沢山の具を仕入れて下さりすごく美味しく戴くことができ約1時間も此処にいた。で時間がまだ早いな~ってことで向かいに見える曽爾高原のススキを見に行くことに。一旦朝車の置いた所まで下りる為に峰坂峠まで降りて南東に向かって林道まで下りた。081019kabutoyoroita_7
アスファルトの道を目無し地蔵まで登って車をとりに行く。車で曽爾高原の駐車場まで行きススキの中の道を二本ボソまで登る。お天気の良いのと日陰がないので暑かった!!。二本ボソから倶留尊山は個人の所有で入山料が必要だ。此処から倶留尊山に行くのに又下り~登りで山頂着。小休止の後来た道を折り返す。再び曽爾高原のススキの中に入る。ここは夜10時までライトアップされてそのために各地からの観光客が多数来ていた。各地のナンバープレートの車がわんさか!。
もう一度朝集合した道の駅に帰り此処で皆さんと解散した。楽しい一日しかも充実した一日をありがとうございました。皆さん又よろしくお願いいたします。

« 復帰第2弾は | トップページ | 今日の土曜日は »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

あはようございます。
18日は、「つつじの里荒滝」でキャンプをし、
19日は三峰山に登ってました。(松阪側から)
12時から1時間ぐらい山頂に居て、
山頂から曽爾高原が見渡せるので、
「あっ今頃、兜・鎧に登ってるんや!」
と思って見てました。
しかし、いい天気でしたね!

曽爾高原、人が多かったですね。人ごみを抜けて、日本ボソに行くと、景色が広がって、気持ちよかったですね。
兜岳、鎧岳もきつかったですが、天気もよくて、スカッとしました。
お茶、ありがとうございました。助かりました。

単独さん、お天気がよくてよかったですね。私達も12時から1時頃まで鎧岳の山頂で鍋のご馳走にありついてました。RIKOさんやタイシさんが沢山の具を持つてきて下さって私自身お昼時にそんなにゆっくりしたことが無かったので感激でした。それにしても毎回タイシさんの健脚ぶりには脱帽でっすよ。

RIKOさん
最近は健脚な方々に引っ張られてほんとによく歩きますね。昨日も「19日は曽爾村を山歩したいと思います。
山歩場所 兜岳・鎧岳
時間があれば温泉にも行きたいと思います」のタイシさんの言葉にだまされ?ついついあそこまで行ってしまいました。
でも結果一緒に歩けたことがいい思い出となりました。次回もタイシさんのお勧めルートに期待しましょう。

 お天気でよかったですね。
兜岳、鎧岳は以前から気になる所だったので
とても残念でした。

犬鳴山の激登りと激下りを思い出します。

ヨッピーさん。
私も山の名前を見たときに犬鳴山を思い出しましたよ。しかもタイシさんだし。今回は初めからタイシさんのペースでは到底ついていけないことが判っていましたのでとぼとぼ様を私の後ろに歩いてもらい自分のペースで歩き通しました。お陰で完歩できました(笑

曽爾高原、倶留尊山、ちょっと懐かしいですね。
今頃はススキがきれいでしょうね?
夕暮れ時の銀穂が懐かしいです。
爺様、最近はいろんな山に行かれて、
益々快調ですね。

風様、お元気ですか。
曾禰高原のススキを見て
皆で風さんのことを話していました。
同じような三脚を建てて多くの方々が
カメラを沿えていらっしゃいました。
風さんの昔のブログが懐かしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復帰第2弾は | トップページ | 今日の土曜日は »