« 急な雨に注意! | トップページ | まりの元気。 »

2008年7月 6日 (日)

道は生き物。

今日、剛友会名誉会長・根来春樹氏に同行願って早くから計画していた「ヒロセ道」の探索に出かけた。今回、とぼとぼ様・単独行様・SHO様・LEO様に金剛山登山道情報の管理人まっくん様らが同行してくれた。私がこの冬に愛犬のまりとこのルートに登ってこのブログに書き込んだところ「名無しで御免」様や「み~たん親父」様からさらに詳しい情報を頂きよりその情報を元にこの近辺を歩きとおして一層ルートが明確になって点と点が繫がってきた。そこで根来様に検証していただく事をお願いしていた。郵便道から入って核心の場所に到達、その近辺の谷と尾根を根来様に見ていただいた。当初ポイントとして考えていたところから人数が多いので2組に分かれて谷に行くグループと尾根筋を登るグループに分かれて登って行った。次のポイントで合流して湧出岳に入った。先週に未満様とその近辺を通っているので湧出岳に取り付く辺りは刈り込んでおいたのでスムースに進めた。案外すんなり湧出岳に入りそこから経塚の後方にある謎の四角い人工の石をまっくんの案内で見に行ったがあれは何だろうか?。一の鳥居に行き山頂で食事をして帰りは「長いこと歩いてない普通の郵便道を歩きましょう」ということで階段を下りながらショートカットもせずひたすら郵便道!を高天まで降りた。帰りの道で登りのときから根来様と話していたが「ヒロセ道」は今の郵便道「いの3番」のポイントからほぼ水平(幾らかはUP)にイワゴノ谷に進んだらしい。今日イワゴノ谷に入ったところより下の分岐箇所辺りに入って上を目指し谷に入らずも側にルートが確保されていたんですよってお話し下された。帰りに郵便道を降りてきたがここも一箇所ここ5~6年前かな?山抜けを迂回している箇所があるがこの場所も当初に比べると3度目の道に変わっていた。「こうやってその時の状況によって道は変わるんですな~、道は生き物ですな」って仰った。私も多少ながら自分のHPで登山道を案内してるが続けてる限りは今案内してるところは定期的にチェックが必要だなと痛感した。今日も最後に長老に教えられた。

ヒロセ道は↓
http://homepage3.nifty.com/nara-takada/kongo-hirose.html

« 急な雨に注意! | トップページ | まりの元気。 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

本日、ヨメさんとイワゴノ谷北尾根を初めて登りましたが、偶然とはいえ凄いメンバーの方々の後を登っていたとは知りませんでした。
イワゴノ谷北尾根はほとんど水平な道から一転、急登に次ぐ急登で流石にアゴがでましたが、湧出岳に登る登山道へでる前のササが刈られており、こんな道を整備する人もいるのだねと話してましたが、爺々様たちのご努力でしたか。
イワゴノ谷ヘの下る道の根来様のお話は、古い地図ではっきり標高750メートル付近から下っているし、地形的にも下れるような感じでしたので、昔はそこから谷へ降りていたのかなと思っていましたが、谷を遡行するのでなく谷に沿った道があったなど想像も出来ませんでした。

それにしても爺々様はじめ皆さんの探求心には感心します。
今日はヨメからちゃんとした道を歩きましょうねとしかられましたが・・・。

おはようございます。
み~たん様や名無しで御免様の情報で、私発奮しました。あれをいただけなければ「中途半端」な登山道案内で終わっていたと思います。多いいに感謝しております。

イワゴノ北尾根が湧出に上がる一番歩きやすい道でしょうか。赤い境界杭から先はどこから来ても同じ息切れ道になりますけど・・・

それにしても奥さん同行で上がる道ではないかもですね。奥さんのお言葉には納得!!(笑

内容の濃い探索登山だったようですね。
みなさんで、いろいろ話ながら歩いてらっしゃる様子が目に浮かびます。
山の道は生き物なんですね。

RIKOさん、判ります?
先頭にとぼとぼ様・単様・LEO様の健脚組の走り

間に普通の 真ん中を取り持つSHO様

その後に学習しながら(笑  私筆頭にまっくん様・根来様の足の運び。

道は皆を見ながら生きてます。

「山の道は生きている」…なるほどね!
爺様益々お元気で。

キャラマン様
以外に楽で変化にとんだ面白いルートですよ。根来様の仰る昔の道と違っていたのには少し驚きでしたね。当時の話で谷に入って郵便道の分岐に忘れ物をしたのを思い出し取に帰っての往復にいくらも時間がかからなかったとか、お聞きしてなるほど当時書かれた地図の通りフラットに道があったんだな~と感じましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 急な雨に注意! | トップページ | まりの元気。 »