« 今日も汗を出しに | トップページ | 双門の滝 »

2008年7月13日 (日)

オオヤマレンゲは?

暑い一日だった。朝4時に目覚ましをあわせて寝たが鳴る前に起きてしまった。Dsc02207
10分前。起きて支度をして4時20分過ぎに出かけた。今日は1人で山行きだ。行者還トンネル西口に急ぐ。朝は道路が空いていて走りやすい。現着6時少し前。支度をして6時過ぎには出発。木製の橋を越えて沢沿いルートを行く。初めてのルートだが以外に歩きやすい(木の根っこがいっぱいの本ルートより)Dsc02203
1箇所沢に一時的に入る箇所があった(帰りに気付く)がここでルートは終わりと勘違いして踏み跡を行くと以外に早く本ルートにジョイントしてしまった。後は急坂を登る。奥駈道出会いに到着。少し休んで奥駈道を弥山の方に進む。弁天の森・聖宝の宿跡を過ぎてここから又急坂が続く。Dsc02206
ようやく弥山に到着。9時調度。山頂のお社にお参り?して20分過ぎ八経ヶ岳に向かう。折角登ってきたのに下り坂、網の中のオオヤマレンゲは?・・・ほぼ終わってました。まだ蕾の花もあるけれど全体に白く覆われてる感じは全然しませんでした。先週ぐらいかな見頃だったのは。そこから八経に登り三角点を撮影してたらここではなかったが「林さん安らかに」の写真を思い出し1人笑ってた。Dsc02204
又下って上がって弥山まで引き返した。あっそうです!綺麗なトイレ(有料100円)が外に出来てましたよ。そこから下っていったら団体さん・10人ぐらいのグループ等が目白押し。途中から今81歳になられるお方と一緒に下ってきた。カメラが趣味でそれも滝の、双門の滝も撮られたとか、Dsc02224
滝は紀州がいいと仰っていた。最終の西口からの出合でお別れした。私はまだ宿題が残っていたのでそれを探す為に下りの右側を用心しながら歩いてるとそれらしい踏み跡を発見!。それに沿って降りたら朝下から来て右に逸れた箇所に出てきた。Dsc02226
そこで判明!後は朝来た道を下山するのみ。宿題が出来て気持ちよく降りてきた。1時過ぎだった。

今日行ったルート案内は↓
http://homepage3.nifty.com/nara-takada/oomine-tonnerunisigutiyorihatukiyou.html


« 今日も汗を出しに | トップページ | 双門の滝 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

昨日は拙い講座をお聞きくださり
ありがとうございました。

今日はオオヤマレンゲを見にいらしてたのですね。
ふだん金剛の奈良側難ルートを徘徊しておられる爺さまにとっては
トンネル西口からのルートは物足りなかったのでは?

八経は高度があるので涼しかったでしょう。
天女花、可愛く撮れていますねheart04

法香様
こんばんは、トンネル西口から奥駈道出合に至る沢沿いのルートがどこにあるのか大凡見当をつけてはいたんですが今日はそのルートを探しに行くのがメインだったんです。レンゲはもう13日ですので初めから諦めてましたよ。

こんにちわ。 
朝早くに登られて気持ちよかったでしょうね。
金剛山や葛城山のルートは調べつくしたので今度は大峰山系ですか?爺さんのコース案内を見るのが楽しみです。
私は5月末に大所山(山上ヶ岳の北北東)に行ったとき膝を痛めたので、その後は少しおとなしくしています。治ったらよろしく。

オオヤマレンゲは橋本院のものとは価値が違いますね。写真で見る限り、蕾も、咲いているところも、いい感じです。7月のPhoto-GP候補ですか?

それにしても81歳で八経に双門の滝とは、すごい人がいるもんです。

爺々様こんにちわ、行くつもりで居たのですが諸般の事情でキャンセルになりました。

橋を渡ってすく左のルートは下山で1度使ったことがあります。
踏み跡があまりはっきりとしていなかったように思いますが、途中小規模な山抜けの所を通ったような気がしますがはっきりと覚えていません。沢の横に降りてからは歩きやすかったように思います。
しかし、昨日の六甲はきつかったですわ!

キャラマン様
探していたルートはそんなに難しいものではなく、すぐ判りましたよ。誰でも探せるルートでした。又ご一緒しましょう。

Strayer 様
久しぶりの大峰でした。81歳のご老人何回か双門に行っていらっしゃるみたいで、双門の滝から下られた経験も又狼平らまで登られた経験も話されました。谷を渡り歩くのも相当苦労されたみたいでした。お歳ですからね。それでもご立派ですよね。他にもいろんなお話しをお聞かせ下さいました。おかげで西口の出合まで短い時間に感じました。そうかGPを狙って画像掲示板に出そうかな(笑

単独行様
朝、mixiを見て驚きました。前夜早くPCを閉めてしまって気付きませんでした。でも例の沢沿いのルートを今年は見つけておこうと思っていたので行ってきました。朝も早かったんで下山は1時調度で3時には家に入ってました。
朝は山抜けのあった場所から本ルートに上がってしまい、帰りに全線歩くことが出来ました。宿題が出来てラッキーでした。

珍しく花の写真がいっぱいですね。
一人で黙々と登っていって、山頂で出合った方とお話がはずむとうれしいですね。
今年も近畿最高峰に登れて、オオヤマレンゲも見られて大満足ですね。

1人で歩くと思わぬ出会いがありますね。
81歳で生きてはるのも凄いと思ったものでしたが・・・(笑)
近頃は脅威的なものを感じます。
あれだけ多くの飛び石どのようにして交わしはるのかな?

 西口からの沢伝い、以前から言っていた気になるルートですね。
よろしく!!!

RIKO様
本当にいい天気でしかも元気なオジサンと一緒に歩けていろんな話を聞かしていただいて退屈しませんでした。オジサンは顔の艶もよく朝の2時から歩き御来光を弥山で撮られたらしいですよ。花の写真も撮っていらっしゃいました。

ヨッピー様
昨年、話題に上っていた「沢沿いルート」行きと帰りで完歩できました。次回ご一緒できる機会があれば案内しますよ。近々ルート案内(UP)したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日も汗を出しに | トップページ | 双門の滝 »