« 再度ヒロセ道に | トップページ | こんなん造りました。 »

2008年3月16日 (日)

鎌ノ刃尾を行く!!

快晴の日曜日、剛友会の根来様と私達の先輩、未満様、とぼとぼ様、単独行様と鎌ノ刃尾の探索ともう一度茶臼塚に同行した080316kamanohao_17
まずは橋本市と五条市の境の原郷谷の上流の横の林道を詰めてそこから先日行った尾根を通りまだ未踏の未満様を茶臼塚に案内。そこを引き返しダイトレにでて行者杉峠に。調度お昼だったんで此処で食事。単さんから美味しい珈琲やとぼとぼ様からもお菓子など頂戴してのんびりしばらくくつろいでダイトレを離れ大沢寺方面のキリサコ尾を下る。。080316kamanohao_9
途中、今日のメインにしている鎌ノ刃尾に入っていく、徐々に尾根道を下ると途中に茶瓶峠に下りる為の左折れに古い剛友会の標識。会長が懐かしんでもう一度しっかり立て直しておられたのが印象的だった。下るとすぐに茶瓶峠。ポールに茶瓶が括りつけられ2年前に未満様が付けられた「茶瓶峠」の標識が今も健在だった。080316kamanohao_14
後は鎌ノ刃尾を一路農免道路を目指して下るだけ。最後の猪避けの防護柵を懸念していたがとぼとぼ様のすっきりした道の案内ですんなり道路に出れたのは今日の大収穫!!。根来会長も大喜びだった。快晴の日曜日、前回の探索に続き今日も大収穫の一日だった。

« 再度ヒロセ道に | トップページ | こんなん造りました。 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

良い天気で収穫があって素晴らしい一日でしたね。茶瓶峠って、面白い名前ですね。

根来さんの話では昔、ここを通った時茶瓶が置いてあってそれを木に括り付けて置いて茶瓶峠と命名したらしいです。後日又そこを通れば今度は山主さん?が綺麗な茶瓶と綺麗なポールを設置してくれていて、大変嬉しく感じたことを覚えていますとのお話しでした。

根来さんて、金剛・葛城山系をほんとにくまなく歩いておられますね。
支尾根・枝沢に至るまで熟知し、この山系を心から愛しておられるのを感じます。

例会は、いつあるのでしょうか?
鎌の刃尾根は以前から面白いと伺っていて
いつか歩きたいと思っていました。

いやぁ実に面白いルート探索でしたね。
茶臼塚に続いて鎌ノ刃尾も無事踏破できましたし、最適な出入り口も見つかって万々歳です。

それにいつも「先輩が開拓されたルートを再開発して守って行くのが私の務めです」とおっしゃっている根来様のお喜びの笑顔が最高でした。

あと一つ、サクラサコ道を解決すればこのルート探索も完結できそうですから、また近いうちに歩いてみます。

こんばんは
法香様、根来さんの考えでは「東覚寺」から「茶臼塚(山)」までの間を「安全・完全」なルートが確立すればすぐにでも「例会」は行われると思いますよ。今の時期からだと次回の春ぐらいではないでしょうか?。橋本市は「猟」も行われるので時期が難しいとも仰ってました。
とぼとぼ様のお話のように私もヒロセ道を歩いてきましたって言うと「どうなってました」かと嬉しそうに聞いて下さいました。本等に古い道を絶やさないよう気をつかっていらっしゃいます。

とぼとぼ様
先日から古い地図などを見ながら推測してるんですがやはり東覚寺辺りから「サクラサコ」-「茶臼塚」ルートを確立したいですね。
それで、ぐるっと1周出来るんですけどね。

みなさまのこうした努力のおかげで楽しく山歩きをさせてもらってます。
感謝、感謝です。^^

ルサオ様
ご無沙汰しています。
本等に根来様と探索するルート(大方古道
復活)は味があります。
ですから正直初めはどっちでもと思っていても根来様のペースにはまってしまいます(笑
ここのルートも復活真近だと思います。
乞うご期待です。

お久しぶりです
無人の車が3台こんなところに並んで・・・
謎が解けましたw
行者杉から大沢寺方面に向かう途中、鎌ノ刃尾への分岐はわかりやすいですか?

非喫煙者 様、こんばんは
クラハラ道でも確かニァミス?
あんな林道の終点で車を目撃されるとは(笑
で、鎌の刃尾の分岐の件ですが確か大沢寺
方面に向かって右側に「大沢寺方面」と
書いた案内板がありました。その板の下に
小さく「行者杉方面」があったと先程写真
を見たらありました。
そこを行者杉からきたら右に折れます。
判ると思いますが、先日GPSデータを
未満様から頂戴してますのでメールを
いただければ「地図の絵」でもお送り
しますけど。


そうです。 ニァニスしました。
地図の絵の件、せっかく気遣っていただいたのですが、あいにく今はメールができない状態ですので、とりあえず自力で探してみることにします。
といっても、この春はムリかも。
サクラサコの西側にある尾太ってところには、行かれたことありますか?(私はないですが・・)

非喫煙者様 爺々さまよりフォローせよと指示がありました。
キリサコ尾を大澤寺に向かって下ったばあい、標高620m辺りから南向いて下りはじめ標高600mあたりで左に折れるあたりに爺々様が書かれた木製道標が有ります。その標識は濃い茶色地に白字で左向きに「大澤寺」、下って来た方向に小さく「行者杉」と書かれています。ここを南南西側痩せ尾根に入っていけます。
少し入ったところに、複数のテープがあるので山慣れた方ならすぐに発見できます。標高520mあたりの尾根の杉か檜の根元に古い小さな白っぽい木製道標に「山内へ」と書かれていますのでここを左斜面におりるようにしてください。すぐにチャビン峠です。

尾太。これは三角点を越えて下る道でしょうか? 私たちの周りに経験者はいません。行けそうな気はしてもどうでしょうか。東覚寺道の倒木等から類推して、敗退して登り返す覚悟がないと

非喫煙者様、はじめまして。

ちゃびん峠と鎌ノ刃尾への取り付きは爺々さんと未満さん記載の通りですが、尾太(おふと)の件は、G会名誉会長N様のお話では茶臼塚も含めて尾太山と呼んでいるそうです。

東覚寺から茶臼塚への道も爺々さん他3名で3月はじめに整備しながら踏破しました。

茶臼塚への道はこれで東覚寺側からとダイトレ行者杉峠側から、それに原郷林道水場横からの3箇所が確認できました。

駈け出し未満様 とぼとぼ様 詳細ありがとうございました。
いつの日か、ちゃびん峠の茶瓶と茶臼塚の三角点を写メにおさめてみたいです。
テープに助けてもらいながら、ボチボチと歩かせていただこうかと思います。
東覚寺からの道を、整備されたのはすごいですね。
以前、倒木を跨いだり潜ったりの繰り返しで、難儀した思い出があります。
尾太=おだじゃなく、おふとだったのですね。
勉強になりました。
また、よろしくおねがいいたします。

非喫煙者様
>東覚寺からの道を、整備されたのはすごいですね。
は、まだ完全に整備されてる状態ではないです。以前とあまり変わりないです。
一箇所難点(池の手前)がありましてそれが解決すれば・・・

整備はくれぐれも、おケガ等に気をつけてください。
今は、サクラサコ(桜峪)と呼ぶのにふさわしい時期ですね。
吉野の桜のような派手さはないけど、あのポツポツ加減が逆に良かったりします。
では、またいいご報告を、陰ながら楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再度ヒロセ道に | トップページ | こんなん造りました。 »