« まりともみじ谷 | トップページ | 葛城の中ノ道を久しぶりに。 »

2007年12月 9日 (日)

まりと最後のクソマル谷ヘ

0712092_17


0712092_19

まりの年齢からいくと今回のクソマル谷遡行はおそらく私とまりの最後の遡行となるでしょう。
昨夜から急にクソマル谷を思い出し二人で行くことに。(五条・久留のから久留の峠経由中葛城山を覗いて金剛山にいく予定だった)朝、山麓線を走っていたら、とぼとぼさんから電話「クソマル谷に行きますがどうですか?」って!!喜んで同行していただくことに。待ち合わせの場所に行くともうおこしだった。二人と一匹でクソマル谷遡行に。冬の谷だからあまり草木も茂っていなくてそこそこ歩きやすい。いよいよ一番目の3段の滝に。まりを取り付だけ抱っこして登ったら少し上に上がってくれた。あとは急なところだけフォローしたら最後まで登れた。一番初めここに来た私たちはこの滝の右側を苦労して登ったのが思い出される。昨年暮れにつけたトラロープだがいまだにしっかりしていて安心した。すぐに2番目のクソマル滝、ここは当初から右側のロープを使って登るつもりでいたが、まりの肥満度と私の体力低下の比率で四苦八苦したがどうにか登れた。最後のモミジ滝、右から巻いて登るんだが左に折れる地点までまり自身で登れた、あとは足場の悪い根っこがあるところを幾らかフォローしたらすんなり行けた。これで3つの滝をクリァーできた。ホッ!だ。ここでここのもみじが・・・・ってとぼとぼさんんから言われてそんな余裕はなかった。滑落防止のまりの胴輪を外してあとは今まで通りダイトレまで勝手に歩いていただくことに。ダイトレまでどうにかたどり着いて千早園地に、ログハウスでお昼ご飯。山頂まで足を伸ばして売店前で一服。広場に行こうと歩き出すと目の前にryuu君と彼女。しばらく話をしてわかれ、私たちも来た道を帰る。久留の峠まで行って五条の久留のに向かって降りた。途中山の神の祠を久しぶりに見つけ、朝置いた車に到着。
帰って二人で風呂に入り石井様にお礼のメールをお送りした。

今日は思わぬ同行者ができて心強く谷を歩き滝を登れました。
御礼申します。
それにしても私もまりも疲れました。
お風呂に二人で入って今まで寝てました。
まりはまだ寝てます(いつもですが今日は熟睡です)
今回でまりはクソマル谷の遡行は最後です。
いい想い出ができました。
本等に今日はありがとうございました。
石井様へ
以上。
「今日は私にとって071209_6
実に中身の濃い一日が過ごせた。」0712092_7_2
0712092_24


http://homepage3.nifty.com/nara-takada/kongo-kusomarutani.html

〈画像提供-とぼとぼ様〉

« まりともみじ谷 | トップページ | 葛城の中ノ道を久しぶりに。 »

金剛山」カテゴリの記事

コメント

まりちゃんと遡行できて、よかったですね!
先週のモミジ谷の堤の手前で、一生懸命登るルートを探している様子を思い出しました。
最高のコンビですね!!

RIKOさん
本等に今日は感激の一日でした。
ここは最近、まりと登ってない谷だったんで
まりと私がまだ元気なうちに登れてよかったです。

昨日はどうもです。
何時もながらタフなルートを歩かれてますね、感心してしまいます。
又、久し振りに可愛いまりちゃんと出会え心が和みました。
でも、ブルブルとまりちゃん寒そうでしたね。早く暖かい家に帰りたそう。
来週、コナタ道から北山道よろしくお願いいします。
何か手伝えることが有ればなんなりとお申し出くださいね。

RYUU君&彼女、こんばんは。
昨日は時間的に誰かに逢うだろうと思っていた
とき、目の前に!
まりがおらなかったら売店でも入ってゆっくり
話もできたんですが、スイマセンでした。
来週、こちらこそ宜しくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まりともみじ谷 | トップページ | 葛城の中ノ道を久しぶりに。 »