« 石ブテ東谷(勘助屋敷)遡行 | トップページ | 西谷からセトに青崩を上がる »

2007年8月14日 (火)

伯母谷の覗きと大普賢岳

070814_46
本日、とぼとぼ様・権様・B様・ヨッピー様と私の5人で「伯母谷の覗きと大普賢岳」にピストンで行ってきました。
登山口の上谷・久久能智神社前からこの暑い8月にひ弱な私にには超こたえる植林の中の急坂を30分。やっとこさで柏木からのルートと合流する。ここから大峰の山上ヶ岳まで昔の丁石が案内してくれる。ここからは案外ゆったりしたルートに?なってるらしいが・・・。長しばらく歩いて途中水場があったりして涼をとりながらやっとこさで「伯母谷の覗き」に生憎の天候だったがしばらくして下から風が正面の大普賢岳はガスがかかって見えないが下界はすっきり。記念撮影なんかして奥駈道に向かう。女人結界門のある阿弥陀ヶ森の分岐点に到着。そこから一路大普賢岳に向かう。この近辺は少々の雨も落ちてきたが着いた大普賢岳で昼飯。ここからもときた道を引っ返した。
詳しくは↓
http://homepage3.nifty.com/nara-takada/oomine-obataninozoki-daifugentake-1.html

« 石ブテ東谷(勘助屋敷)遡行 | トップページ | 西谷からセトに青崩を上がる »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

長いコースをご苦労様でした。
私が登ったときは修験者の一行に出会い、歴史の重みを感じたものです。 しかし伯母谷覗きは立つところが怖すぎます。
話は変わりますが先月上谷を遡行したのですが、最後の牛呼滝で草つきを10メートル滑落、足のかかとを強く打ち、今月はおとなしくしています。

み~たん様
ほんとにお久しぶりです。
>スリキズに薬を塗っているところです。(笑

って、言ってらっしゃったのが
「牛呼滝で草つきを10メートル滑落、足のかかとを」
ですか?
大したことでなさそうで?
お互い気をつけて登りましょう。

私も最近草鞋を作って沢遊びの真似事をしてます。
先日も周りをみると入って見たくなるような・・・
ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石ブテ東谷(勘助屋敷)遡行 | トップページ | 西谷からセトに青崩を上がる »