« 七面山への行程 | トップページ | 久しぶりに金剛山 »

2006年8月13日 (日)

参った!

今日、朝早く起きて一路169号線の池原ダム手前の水尻バス停に向かう。ヨッピー様ご夫妻、水分道常連様、B様に連れられて「小峠山+〆」ということで水尻バス停を5時に出発、ここからが大変登りかけてすぐ気分、体調が芳しくなく皆さんに大迷惑をかける、毎回のことでスタートの急坂がこたえる。3回ほどで楽になったが(吐き気がしてた)結局3時間もかかってしまった。皆さんに面目ない。後、1200Mポイントに向かい11時前についたが、ここで食事に。ゆっくりして頂いて下山、直後雨!途中やんだり降ったりで登山口に3時半ごろついた。
皆さんに迷惑かけて申し訳ない1日だった。

« 七面山への行程 | トップページ | 久しぶりに金剛山 »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

小峠山頂から奥駈道をめざされたれたんですか、のっけからの激登りはこの暑さのなかでは辛かったでしょう。
それにしても別館で大峰ガイドのページができそうな勢いですね。

毎回毎回、生意気に皆さんに着いて行こうとして、結局皆さんに迷惑をかけてしまい、次回は辞退しようと思ってるが、つい、私からお誘いをかけ、どこかに連れてもらうというパターン。
昨日でも私がいなければ「奥駈け道」まで到達されたと思いますよ。なんせ1200Mポイントまですでに6時間を有してしまって結局諦めて頂いたわけです。昨日の同行していただいた方々なら「奥駈け道」までは行けた「能力、体力、脚力、判断力、総合力」を、お持ちの方々でしたので申し訳なく思ってます。

爺々様
 最初からの激登り本当にキツイでしたね。
無理して奥まで行かなくてよかったです。
帰ってからぐったり体にきておりました。
昨日は掻いた事のない多くの汗をかきました。
充分水分を摂っていた積りでしたが
脱水症状をおこしていたのかな?
帰ってからも水分を補給しても
全然トイレにも行きたくならないし・・・
 私達もあれが限界だったようです。
でも爺々さんは小峠山が過ぎると本領発揮でしたね。
あぁ言うルートはもう少し涼しい時ですね。
でももうあのルートはいいですね。

 しかしまた奥駈道へ行った時にあちらから
小峠山を見ると感慨深い物が味わえると思います。

本当にお疲れ様でした。

今、B様よりメール頂きました。「蛭は殺さないと家の中を徘徊する」って本当!!。
実は今朝、家内が見つけましたが「それ」とは知りません。紙に包んでポイしたらしい・・・・。おうこわ~~どうしょう、蛭だとも言い難いし「そんなん持って帰らんといて~」と叱られそうだし・・・

爺々様
お疲れ様でしたのに帰宅後早々にHPで報告を。
私は、昨日も疲れが残り一日ぶらぶら。
夜からようやく活動開始の有様。爺々様もお土産お持ち帰りの様で
私も衣服に付いていろいろ持ち帰り家内から一式見せられました。
ただ例のいやなやつは、すぐに処分したらしく姿は見なかったが。

私の子供の頃山や池、田んぼでよく遊びおって当然と思っていましたのでそれ程嫌悪感は有りません。
富田林、東山、阪南ネオポリスの奥山(私のガキの頃良く遊んだ山々)に先祖の墓が有りますが
先日墓掃除の時も持ち帰りましたぐらい。めったに人は行きませんが地元では当然と考えています。
リベンジ時その覚悟で行くことにしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七面山への行程 | トップページ | 久しぶりに金剛山 »