« 修羅 | トップページ | 風がありがたい »

2006年7月10日 (月)

八経ヶ岳ー弥山に

昨日、ヨッピー様ご夫妻、B様の「付き添い」のもと、熊渡~明星ヶ岳~八経ヶ岳~弥山~トンネル西口とのルートを引っ張っていただき、無事完歩できました。(合掌!)
普段見ることのないあちこちの山も遠くに見れるし、何せ近畿地方最高峰なんですもの。もう思い残すことはありません(笑 ところでトンネル西口に下るルートの左側にある谷にルート図がある???みたいなんですが?? 通れるんだろうか??
みーたん様 Shyer様、ご存知ないですか??

« 修羅 | トップページ | 風がありがたい »

三山以外の山登り」カテゴリの記事

コメント

爺々様、八経ヶ岳を堪能されましたか、よかったよかった。お尋ねの小坪谷ルートはネットで言及されていて、尾根ルートより楽チンらしいのですが私はまだ通ったことがありませんです。先月に八経-明星-狼平-弥山の周回コースと行者還-七曜のピストンで2回尾根ルートを通りましたが、ノーマルルートで一杯々で、いまだその辺りのバリルートを選択する余裕がありません。次回、機会があれば挑戦したいです。トンネル西口登山口を入って直ぐ左手のルート(一の垰の北側に登りつく)は行者還の帰りに通りましたがこちらもきつかった。

八経ヶ岳を堪能しました・・・バテバテでしたが。
それでもいやな顔せず引っ張って下さった
ヨッピー様ご夫妻やB様には大変感謝してます。
魅せられました!

トンネル西口を何年も前に登って以来行っていませんが、小坪谷ルートは知りませんでした。
私の持っている(86年版)にも書かれていませんので、近年開拓された道ですかね。

話は変わりますが、先月行者還岳でお会いした60歳代の方はam4:00洞川を出て山上ガ岳~トンネル西口~川迫川~洞川と行く途中とのこと(本当にビックリしました。・・世の中にはスゴイ人がいる。)

爺様、お疲れさまでした。
近畿の最高峰、八経ヶ岳はどうでした?
眺めは、最高でしたか?
オオヤマレンゲの印象は?
(花の質問は無駄だった?)

み~たん様、世の中にはその達人がいらっしゃい
ますよね。西口より沢登の件、み~たん様、Shyer様、宜しくお願いしますよ(笑

ささやき様、この度はおめでとう御座います。
近畿最高峰での空気は非常においしいものでした。やはり違いました、病み付きになりそう。
でも、あそこは「まり」といけないところ、
もし行くんだったらリードにつないで・・・
フリーにしたらそれこそ「顰蹙もの」に。
でも、もう歳なんでそろそろ「引退」?かな。

皆様
爺々様の謙遜ですよ。騙されたらいけません。
まだまだ余力が残っておられましたから・・・ね。
 ネットを見ていると谷沿いに登ると楽だって
書いてありますよね。
入口だけでも探しておこうと思いつつ
先日も下りてきてやれやれと思って橋の下で
足元を洗っている内忘れてしまいした~。(>_<)
何方か分かりましたら教えてくださいね。
ちなみに私の地図は95年版これにも載っていませんです。

Shyer様
何処の山でも山を守る側の考えはそうでしょうね。
皆が心して登らないと今にロープして閉鎖されるかも知れませんね。

ヨッピー様、爺々様のことだから余裕~と思っていましたよ。
私の昭文社の地図は2005年版ですので点線で書かれています。
ネットでは" 木橋を渡りすぐに左折れして沢沿いを登る、ゆっくりと
ジグザクに登っているので非常に楽!途中から沢と離れる"とあります。
ただし、楽チンコースというだけで沢登りというほどでもないと思いますけど、
それより、狼平から八剣谷を遡るほうが面白そうですよ。

あれれ? 小谷ルートとは尾根道の左の沢を登るルートのことでしたか。
それでしたら昔の地図に書かれていませんでしたが私が登ったときも踏み跡はありました。
(注)86年版は古本屋で105円で今年ゲットして楽しんでいますが、そんな昔から山登りしていません(笑

尾根ルートの右側の谷を行く新ルートと思っていました。

shyer 様
>狼平から八剣谷を遡るほうが面白そうですよ。
 そうですよね。ここも一度行って見ようといいつつ
その日のお天気具合などでなかなかです。
西口からの急登を横着してラクチンコースが
あるならどんなかな~?って思いまして・・・

みーたん様
>あれれ? 小谷ルートとは尾根道の左の沢を
>登るルートのことでしたか。
 私もてっきり右の沢かとばかり・・・^^;

それに古本屋さんで地図を探す・・・なるほど・・・
ちょっと覘いて来よう・・・
昔の地図も又楽しいですね。

私も登りの右側の谷だと思ってました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 修羅 | トップページ | 風がありがたい »